比叡山延暦寺根本中堂内陣の不滅の法灯と焼き討ちの歴史観光

比叡山延暦寺。 国家プロジェクトとして中国から仏教資料等写し持ち帰った最澄。 資料の解釈や解説を行い続けることで国を守る日本仏教の確立を目指しました。 その伝える姿勢は清和天皇に高く評価され、「傳教大師」の諡号を送られました。 比叡山延暦寺根本中堂内陣の不滅の法灯と焼き討ちなどの歴史観光について紹介します。   最澄と伝教大師と比叡山延暦寺 最澄は滋賀県大津市坂本の生まれです。 最澄は22歳で後の比叡山延暦寺根本中堂となる一条 … 続きを読む 比叡山延暦寺根本中堂内陣の不滅の法灯と焼き討ちの歴史観光