地域活性化のヒントを探しています

岩手を歩き・学んだ地域活性化のヒント

岩手を歩き・学んだ地域活性化のヒント
昨年、思い立ったように日本の未知の場所を訪ねました。 その中で心に残った地域がいくつかあります。 岩手県。 これは語りたくなるような魅力のある地域です。 岩手で学んだ地域活性化のヒントを紹介します 岩手県の地理 岩手県は北海道についで最も大きな面積を誇ります。 人口密度は北海道・秋田についで低い地域です。 岩手県の地理...
78 views

東京が首都になった理由は前嶋密の建白書

東京が首都になった理由は前嶋密の建白書
日本の中心東京。東京を首都とは憲法明記されていません。しかしどう考えても東京が首都・中心になるでしょう。そんな東京が首都・中心になった理由があります。それはある人物の建白書でした。東京が首都になった理由は江戸の町の生き残りでした。 東京が首都になった理由は前嶋密の匿名建白書でした。   東京首都ではなく大坂首...
333 views

沼津市に見る地方都市の現状

沼津市に見る地方都市の現状
沼津市。人口19万人。 平成の合併でさらに広くなりました。 沼津市について書きます。 都市計画と人と人の距離 東海道・愛知・静岡の町は都市計画が広々としています。 奈良から見ると、人と人との距離が遠いのではないかと思います。 人と人の距離と人と地域の関係性は関西が良いということではないかもしれません。 しかし、それでも...
329 views

ならまちの野菜レストラン旬彩ひよりの二号店尾崎珈琲

ならまちの野菜レストラン旬彩ひよりの二号店尾崎珈琲
2007年8月にオープンした旬彩ひより。 ならまちでいち早く奈良の伝統野菜『大和野菜』のランチを開始しました。 旬彩ひよりのオーナーの尾崎敦士さん。 2019年3月11日に二号店尾崎珈琲をスタートさせました。 ならまちの野菜レストラン旬彩ひよりの二号店尾崎珈琲を紹介します。 旬彩ひよりは奈良の野菜に拘ったレストラン 旬...
736 views

東大寺修二会お水取りの大松明を奉納しました

東大寺修二会お水取りの大松明を奉納しました
奈良には昔から春の訪れはある行事が終わってからといわれています。 東大寺二月堂の修二会です。 お水取りのお松明の映像がテレビで流れると、あー冬も終わりだなと思います。 今年はお水取りの大松明を奉納させていただきました。 今回はそのことを書こうと思います。 東大寺修二会お水取りの大松明を奉納しました 東大寺修二会のお水取...
296 views

地域活性化のヒント・・滋賀のまち歩き型観光について

地域活性化のヒント・・滋賀のまち歩き型観光について
奈良で観光の仕事をしていると外の情報を欲しくなります。 そんな時、良く訪ねるのは京都・滋賀です。 地域活性化のヒント・・今回は滋賀を語ります。 滋賀県はまちあるき型観光地が多い 滋賀県はまちあるき型観光地が非常に多いです。 長浜・彦根・近江八幡・五箇荘・坂本などなど。 他にも多くのまちあるき型の観光地があるでしょう。 ...
576 views

地域活性化のヒント・・大隅半島と鹿屋の今

地域活性化のヒント・・大隅半島と鹿屋の今
鹿児島県大隅半島の中心都市鹿屋市。 鹿屋の町には昭和62年から電車が走っていません。 若者はどうしているのでしょうか。 地域活性化のヒント・・大隅半島と鹿屋の今を紹介します。 鹿屋の高校生の挨拶 鹿屋について、ホテルに行く途中でちょっと嬉しかったことがあります。 鹿屋の高校では挨拶を奨励しているのでしょうか。 すれ違う...
580 views

せごどん最終回の解説感想・城山に散った武士達の明治維新

せごどん最終回の解説感想・城山に散った武士達の明治維新
せごどんは最終回を迎えました。 鹿児島を見下ろす城山ですべてが進行していきます。 せごどん最終回の解説感想・城山に散った武士達の明治維新を紹介します。 城山に追い詰められた吉之助と薩摩隼人たち 明治10年 1877年2月6日、薩摩の地で兵をあげた吉之助。 同年9月1日、鹿児島に帰還し城山に籠ります。 薩摩軍は熊本へ向か...
2322 views

西南戦争の政府軍勝因は大村益次郎の読みと緻密な事前準備

西南戦争の政府軍勝因は大村益次郎の読みと緻密な事前準備
明治10年、西南戦争が勃発します。 圧倒的な声望を持つ西郷隆盛と惰弱な明治維新政府。 しかし、西郷隆盛と薩摩軍は敗退します。 なぜ西南戦争は政府軍が勝ったのでしょうか。 そこには時代の先を呼んだすさまじい人物の予見とそれにのっとった緻密な準備がありました。 西南戦争の政府軍の勝因は大村益次郎の読みと緻密な事前準備にあり...
957 views

せごどん46話の解説感想まとめ・西南戦争の本当の敗因

せごどん46話の解説感想まとめ・西南戦争の本当の敗因
こちらもあわせてお読みください。 西南戦争の政府軍勝因は大村益次郎の読みと緻密な事前準備     吉之助が薩摩で兵をあげます。 それを信じることができない大久保一蔵。 しかし、冷静な彼はすぐに処置を打ちました。 せごどん46話の解説感想まとめ・西南戦争の本当の敗因を紹介します。 せごどん46話解説感...
1649 views