地域活性化のヒントを探しています

せごどんの解説・明治期西郷が関与した奄美への搾取の逸話

せごどんの解説・明治期西郷が関与した奄美への搾取の逸話
スポンサードリンク 大河ドラマでは終始、住民の味方をする吉之助。 しかし、大河ドラマは歴史を忠実に再現するわけではありません。 せごどんの解説・明治期西郷が関与した奄美への搾取の逸話を紹介します。     せごどんの解説・・薩摩から見ると搾取の対象だった奄美 薩摩藩は奄美大島の島民にサトウキビを生産...
357 views

せごどんの解説感想19話・実は終始搾取側だった吉之助

せごどんの解説感想19話・実は終始搾取側だった吉之助
吉之助は鹿児島から送られてきた米を奄美の人に振る舞います。 しかし、奄美の長からやめてくれと言われました。 せごどんの解説感想19話・・実は終始搾取側だった吉之助   せごどんの解説感想19話・・正助に手紙を書く吉之助 吉之助は奄美の住民の生活を垣間見て改善を考えます。 正助に手紙を書きますが、却下されました...
312 views

せごどん18話の解説感想・藩は奄美搾取でも財政難だった

せごどん18話の解説感想・藩は奄美搾取でも財政難だった
入水自殺から奇跡的に生き返った吉之助。 しかし、その吉之助には次の運命が待っていました。 せごどん18話の解説感想・・薩摩藩が奄美で搾取した理由を紹介します。 せごどん18話の解説感想・・・奄美大島に島流しになった吉之助 吉之助は奄美大島に流されます。 奄美大島では薩摩藩からのサトウキ税として徴収されます。 赴任した代...
563 views

せごどんの解説・・奄美の西郷に大久保が送った本の逸話

せごどんの解説・・奄美の西郷に大久保が送った本の逸話
島流しになる吉之助。 吉之助と正助は交代のように危機が訪れます。 そんな二人の素敵な逸話を紹介します。 せごどんの解説・・奄美の西郷に大久保が送った本の逸話を紹介します。 せごどんの解説・・西郷と大久保の友情の話 小さい頃から、近所で育った西郷と大久保。 大久保は父が島流しに遭ったことで家が貧窮を極めます。 その時、大...
630 views

伊勢国の歴史や文化観光・・・古来から勢力が勃興する伊勢

伊勢国の歴史や文化観光・・・古来から勢力が勃興する伊勢
伊勢国。 現在の三重県の伊賀地方・志摩地方を除く大部分に当たります。 伊勢の国は古代よりものなりの良い豊かな国です。 伊勢国の歴史について紹介します。   伊勢国の歴史と文化観光・・・大海人皇子と伊勢国 伊勢国は古代から先進地で日本の中枢だった畿内に比較的近い場所に位置します。 また、伊勢国は農作適地の広がる...
74 views

亀山関宿観光のみどころとカフェやアクセス・駐車場

亀山関宿観光のみどころとカフェやアクセス・駐車場
江戸時代。 日本人は旅に当たっては徒歩が主流でした。 その歩くたびでは全国に設置された宿場町が宿泊場所になったでしょう。 今回は三重県亀山にある関宿です。 亀山の関宿の観光のみどころとカフェやアクセスについて紹介します。 亀山の宿場町関宿の観光のみどころ 亀山といえばかつては蝋燭が有名でした。 亀山蝋燭ですね。 そして...
80 views

せごどんの解説・・特殊な薩摩藩の日向送りと薩摩飛脚の謎

せごどんの解説・・特殊な薩摩藩の日向送りと薩摩飛脚の謎
大河ドラマ西郷どんでは特殊な薩摩藩の事情を紹介しています。 せごどんの解説・・特殊な薩摩藩の日向送りと薩摩飛脚の謎を紹介します。 せごどんの解説・・・特殊な薩摩藩の風土 日本最南端の鹿児島に所在していた薩摩藩。 薩摩藩はいわば端にあるために情報が最後に溜まる場所になります。 右から左に抜けていかないんですね。 また、中...
2582 views

せごどん17話の解説感想・吉之助の達観が後年に大事件を起こす

せごどん17話の解説感想・吉之助の達観が後年に大事件を起こす
安政の大獄を避けるべく吉之助は僧月照と共に薩摩に辿り着きました。 せごどん17話の解説感想・・斉彬の遺言と久光と斉興 久光は斉彬の子哲丸を後継者にしたいと思っていました。 しかし斉彬は久光の子供茂久を当主にするように遺言を残しました。 跡目争いをして藩の動揺を防ぐことが斉彬の最後の考えでした。   一方、人生...
624 views

真宗高田派本山専修寺御影堂や駐車場・一身田寺内町について

真宗高田派本山専修寺御影堂や駐車場・一身田寺内町について
日本で最も信者数の多い浄土真宗。 浄土真宗といえば、西本願寺・東本願寺が有名です。 そして、浄土真宗第三派の真宗高田派が存在します。 三重県津市一身田寺内町にその本山専修寺があります。 真宗高田派本山専修寺御影堂や駐車場・一身田寺内町について紹介します。 真宗高田派本山専修寺は三重県津市一身田寺内町に所在 三重県の県庁...
167 views

人の気持ちがわからない優等生たちの日本

人の気持ちがわからない優等生たちの日本
時間が過ぎ去ってしまえば人は記憶から少しずつ消し去ってしまう。 しかし、私は忘れることができないことがある。 観光地に経済の余波が来るのは5年後 1990年、バブルが崩壊し浮足立っていた日本はどん底に向かう。 その時私は7歳、小学生1年生だった。 小学6年生。 親が工務店を営んでいた同級生の親が離婚した。 その同級生は...
321 views