地域活性局

藤丸正明

長崎は町中に猫スポットがありました


長崎と猫。

2016-10-01-17-33-54

長崎は港町として450年ほどの歴史を持ちます。

長崎の町を歩き回って思ったこと。

猫が多い 笑

どこもかしこも猫がいる感じでした。

まずは、天神様の階段のところに猫が。

そして、商店街の中を颯爽とあるく猫。

そして、お稲荷さんで猫会議が行われていました。

夜の繁華街で雑居ビルの間に隠れたつもりの猫。

猫がいる町は、人が優しいという話を聞いたことがあります。

スポンサードリンク

港町には猫が必要な理由があります。

それは貿易港としての事情があります。

貿易港には多くの荷物が保管されます。

輸出する荷物と、輸入して業者に渡す荷物です。

その荷物を多くの場合、ネズミが荒らしに来ます。

ネズミは非常に厄介です。

集団で動くために、人間さえも襲ったりすることもあります。

一度追い払ってもまた集団で襲ってくるんですね。

さいとうたかおさんという方のサバイバルという漫画にそのことが書かれていました。

そのネズミの天敵として登場するのが猫ですね。

猫はネズミを捕食します。

ネズミは猫が非常に怖いそうです。

スポンサードリンク

さて、長崎は町中に猫スポットがたくさんあります。

私の歩いたのは中華街・思案橋界隈の繁華街です。

まあ、ここでもいたるところに猫がいました。

長崎は町中のいたるところに猫スポットがあります。

2016-10-01-18-06-11

まずは、大徳寺の大楠です。

この大楠の隣に稲荷神社があります。

そこになんと8匹ぐらいで猫大会議をしていました。

大徳寺の大楠は長崎を代表する猫スポットでしょう。

つづいて、そこからちょっと西へもう地続きに菅原天満宮があります。

私は今回、この天満宮で初めての猫を発見しました。

ドーミインというホテルに宿泊したのですが、ふと散歩しようと外に出ました。

すると、ふと、この菅原天満宮の階段が見えて、猫が遠目に見えました。

2016-10-01-17-57-53

この場所から猫を発見しました 笑

階段を上がったところに1匹と、またすぐ上のある階段の中腹にも猫がいました。

そして、一つ、驚いたことがあります。

奈良では見かけないのですが、長崎は猫が商店街を歩きます。

岩合さんの世界猫歩きのような気分になりました。

場所は浜町の商店街の中になります。

他にも、もう一つありました。

ここは船大工町という、先ほどの菅原天満宮のすぐ近くです。

猫は私を見てそそくさとビルとビルの間に隠れました。

しかし、よーく見てみると。

img_6903

ビルとビルの間から猫がこちらを見ていました。

メールマガジン「奈良・ならまちニュースレター」発行しています
有料メールマガジン「地域活性化のヒント」発行しています

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。