徳川信康の能力や母・妻・子孫と信康事件の真相

歴史

徳川家康の嫡男徳川信康。

徳川信康は岡崎を居城としていたので岡崎信康と呼ばれていました。

徳川信康は俗にいう信康事件で切腹を命じられます。

信康事件の真相はどうだったのでしょうか。

徳川信康の母・妻・子孫と信康事件の真相について紹介します。

 

徳川信康の母・・築山殿について

徳川信康の母は築山殿です。

築山殿は関口親永の娘で今川義元が養父となり、徳川家康に嫁ぎます。

その後、徳川家康は今川家から独立します。

義父の関口親永はその責で今川氏真から切腹を命じられます。

築山殿は実家の後ろ盾をなくします。

 

徳川信康の妻・・徳姫について

徳川信康の妻は家族に愛情の深い織田信長の娘徳姫です。

徳姫には信長から多くの支援もあったでしょう。

実家を失った築山殿と裕福な実家を持つ徳姫。

築山殿の養父今川義元は織田信長に殺されました。

築山殿の心情が聞こえてきそうですね。

徳姫も何かあれば父信長が助けてくれると思っていたでしょう。

 

徳川信康の子孫・・・信康の嫡男松平家長

信康は20歳で亡くなりますが萬千代(井伊直政と同じ)という嫡男が生まれていました。

井伊家の血を引く築山殿の孫の名前が萬千代。

何か理由があるように思えますね。

スポンサードリンク

徳川信康の能力について

徳川信康の能力はどうだったのでしょうか。

徳川信康は多くの家臣から能力を認められていました。

戦時は勇敢で平時は優しかったそうです。

一方で、生まれながらの殿様で、幼少期から苦労した家康と違います。

苦労人家康に慣れた家臣達は信康には馴染めなかったようです。

特に、徳川一門衆とは対立があったようです。

徳川信康は能力は高かったでしょう。

後に、徳川家康も徳川秀忠の失策を嘆き、信康がいればとつぶやいたそうです。

徳川家康は徳川信康の能力を認めていたでしょう。

 

徳川信康の事件の真相について

徳川信康は信康事件で20歳で亡くなります。

織田信長による干渉が最近までの定説でした。

しかし、最近では親子争い説が有力です。

 

徳川家康のバランス力が岡崎事件を作った!?

徳川家康は三河国統一後に遠江国を手に入れます。

その二か国の領有に苦心します。

また徳川の領地の東と北は最強武田信玄の領地です。

家康は一歩でも城を前に進めて領地を守ろうとします。

そこで家康は岡崎から浜松への移住します。

岡崎には信康と家康の幼馴染重臣の石川数正を残します。

浜松には東三河の重臣酒井忠次や本多忠勝・榊原康政を連れていきました。

家康が嫡男信康と筆頭家老の石川数正を残したことはバランスがいいですね。

しかし、家康の浜松居住は信長を不機嫌にします。

浜松城は武田に近いので岡崎に戻れと何度も言われます。

家康はそのバランス力から力を2分にしてしまいました。

そして、ほぼ互角な戦力の組織を作ってしまいました。

ここに家臣団同士の競争や対立が生まれます。

スポンサードリンク

徳川家康は徳川信康だけでなく築山殿も岡崎に置いていった

徳川家康は浜松城へ妻の築山殿を連れていきませんでした。

家康は築山殿が嫌いだったのでしょう。

そして浜松では次男秀康等をもうけています。

特に三男秀忠が生まれたことで、浜松衆には後継者ができたといえます。

築山殿は亭主と離れ、不安にもなったでしょう。

今川や武田は懐かしく、織田や徳川などは親しみもなかったでしょう。

 

信康事件の真相・・・織田信長は信康を殺す指示はしなかった

織田信長は徳姫から書状を貰い、酒井忠次を呼び出します。

徳川家康は三河衆の石川数正を派遣しませんでした。

酒井忠次は浜松衆です。

酒井忠次を派遣した理由は信康の死の許可を得るためだったでしょう。

徳姫の父は織田信長なので、念のために許可を得たのでしょう。

 

信康事件の真相・・・切腹の前に家臣団と切り離した

信康事件の1年前、家康は三河衆と信康を切り離します。

信康の家来岡崎衆は岡崎城下に参集しないように通達を受けています。

そして家康は三河衆に信康に味方しない旨の誓詞の提出を命じました。

 

信康事件の真相・・・信康事件は徳川家康と徳川信康の親子争いだった

信康事件の真相は家康と信康の親子争いだったでしょう。

徳川政権は徳川の世になったのちに、歴史を様々書き換えたといわれています。

結論として、信康事件の真相は親子争いだったと私は考えます。

 

また、この事件は長篠の戦の後です。

対武田の緊張が失われ、武田滅亡までの7年の間の出来事です。

緊張感から団結していた徳川家は油断していたのでしょう。

そしてそれまで我慢していた感情が出てきます。

殿がいる浜松といない岡崎。

ここに家康初期の両国支配による問題が発生したのではないでしょうか。

徳川信康の能力と母・妻・子孫と信康事件の真相を紹介しました。

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。