せごどん20話の解説感想まとめ・吉之助が奄美にいる理由

西郷どん
スポンサードリンク

奄美で薩摩から隔離された吉之助。

せごどん20話の解説感想まとめ・吉之助が奄美にいる理由

せごどん20話の解説感想まとめ・・維新の大英傑大久保正助利通が動き始める

正助は大久保家の当主となり、同時に吉之助を盟主とする若者の団体を率います。

その団体は後世で精忠組と呼ばれました。

正助はその精忠組を藩の実験を握る島津斉興と久光に上手にアピールしていきます。

大久保は団体を背景に自分の政治力を作り上げていきました。

せごどん20話の解説感想まとめ・・久光が実権を握る時に

斉興が逝去し、実績のない、しかし亡き兄を尊敬する久光が政権を握ります。

実際には斉彬の遺言通り、久光の子茂久が当主です。

しかし、忠義の父として久光は権勢を握り始めます。

その久光を正助がコントロールしていくんですね。

吉之助が斉彬と成し遂げられなかった国の改革。

それを今度は正助が久光を動かして目指します。

したたかな大久保正助利通が動き出します。

せごどん20話の解説感想まとめ・・安政の大獄に動じない正助

江戸では安政の大獄が進みます。

その一報を聞き、精忠組はいきり立ちます。

それを正助は久光の力を使って抑えることに成功します。

久光も正助率いる精忠組を取り込むことで力を持ちます。

そして、正助は久光に吉之助の帰還を歎願します。

正助の少し政治がかった動きに同志は誤解をし、正助は悩みます。

スポンサードリンク

せごどん20話の解説感想まとめ・・吉之助が奄美にいる理由

一方、吉之助は奄美にいます。

これは藩の隔離政策です。

吉之助が有能な人材なので、雲隠れさせます。

吉之助は安政の大獄に関わる一人の人物です。

藩は幕府には吉之助は月照と共に錦江湾で亡くなったと報告していました。

そして、藩はその吉之助が必要となるまで隠していました。

しかし、今度は安政の大獄を主導した井伊直弼が暗殺されます。

時代は吉之助をいつまでも奄美には置いておきませんでした。

 

せごどん20話の解説感想まとめは吉之助が奄美にいる理由でした。

せごどん21話も楽しみですね。

せごどんの解説・精忠組で大久保正助が目指したこととは

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。