地域活性局

藤丸正明

山陽新幹線の車窓から見える景色を紹介します


今日から2日間福岡出張です。

福岡出張の場合は山陽新幹線に乗ります。

電車や飛行機はいつもと違う景色があるので乗ることが非常に楽しみだったのですが、出張が多いと飽きてきます・・

しかし、それでも場所によってはあ!っと見てしまう風景があります。

そんな風景の一部を紹介します。

まずは岡山城です。 

2016-02-17 16.25.20-2

岡山城は「岡山駅につきます」というようなアナウンスが聞こえたぐらいに旭川という川を渡ります。

その時に南側の車窓を凝視すると、川の向こうにかすかに見えます。

岡山城は宇喜多秀家が築城したと言われるお城です。大坂城を模した建物だとも言われている黒いデザインの通称“カラス城”です。

続いては石州瓦が見えてくる広島です。

2016-02-17 16.59.55

広島県に入り、福山駅を過ぎたあたりから民家の屋根瓦の色が赤色に変わります。

東広島駅の前ぐらいから穏やかな山とまるで広島カープの赤ヘルのような石州瓦の家々が見えてほっとします。

そして広島城です。

2016-02-17 17.11.06

広島城は広島駅を越えてすぐ、南側の車窓から見ることができます。一瞬です・・

そして、最近は大きな建物が増えて刻一刻と見えにくくなっています。

そこからしばらくトンネルなどが続き、電波も入らなくなり、ちょっと暇になります。

次の見ものは徳山駅の南側に広がる工場地帯です。

2016-02-17 17.29.44

昼間は工場と海の風景が、夜は電灯が神々しい工場群に見えてきます。

夕焼け時になりましたが、あまり技術がない為、うまく写せませんでした・・

ちなみに近鉄特急で奈良から京都に向かう途中には平城京跡も見ることができます。

2016-02-17 14.39.06

山陽新幹線沿いでは、このほかにも姫路城・福山城・小倉城などが見えます。

また、広島市民球場が最近、広島駅のすぐ南側にできており、ナイターなどがやっている時はついつい降りたくなってしまいます。

そんな山陽線ですが、実は私のお気に入りの景色は上記の場所ではなく、西明石駅を越えてすぐ見える瀬戸内海の風景です・・

今日が画像がありませんが、この風景を見ると何かとても豊かな気持ちになるというか穏やかな気持ちになります。

山陽新幹線からの車窓を紹介しました。余裕がある時は眺めてみてください。結構楽しめますよ。

いやーしかし、一瞬を撮影するのは難しいですね・・

メールマガジン「奈良・ならまちニュースレター」発行しています

有料メールマガジン「地域活性化のヒント」発行しています


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。