地域活性局

藤丸正明

大坂の住吉大社に路面電車(阪堺線)にのって行きました


阪堺電車に乗って大阪天王寺から住吉大社へ行きました

阪堺電車というのは大阪天王寺と堺を結ぶ路面電車です。

2016-04-14 10.02.05

いわゆるチンチン電車ですね。

私の父の世代ではチンチン電車の思い出を話す人が多いと思います。

私はあまりなじみがないのですが・・

しかし、路面を走る電車というのは良い風景ですね。

スポンサードリンク

さて、阿倍野からチンチン電車に乗るにあたっての注意事項があります。

2016-04-14 09.58.59

乗り場へ向かう道は地上が工事中のため地下にあります。

あべのハルカスと地下鉄天王寺駅のちょうど間を少し西へ入る道があります。

その道を入ってすぐ南に入口があります。

指さしてくれているのは、弊社相談役の小久保さんです。

小久保さんは奈良の地元新聞社の元編集部長をされていました。

私が会社を興した時に、訪ねてきてくださいました。

それ以来とてもお世話になっています。

2016-04-14 09.59.58

電車料金は210円でした。

電車料金はどこまで乗っても210円。

安いですね。

阪堺線は2本の路線があり、住吉大社の一つ北側の駅、住吉で合流し、浜寺駅前まで続いています。

1つは恵比寿町と浜寺駅前までの路線です。

もう1つは天王寺駅前から浜寺駅前までの路線です。

念の為最終を書いておきます。

阪堺線の恵比寿町発の我孫子道・浜寺行前方面の最終は23時12分。

上町線の阿倍野駅発の浜寺駅前・我孫子道方面の最終電車は平日・休日共に23時36分。

大阪はさすが大都会なので、路面電車も最終が遅いですね。

うらやましい。

2016-04-14 10.23.01 HDR

さて、住吉大社にはまだ1度しか行った事がありません。

当時は太鼓橋は渡れませんでした。

2016-04-14 10.27.21

11年前、訪れた時は太鼓橋は渡れませんでした。

当時、太鼓橋は修理中でしたが、あまりにも角度が急でびっくりしたのを覚えています。

2016-04-14 10.47.44

住吉大社の祭神は底筒男命・中筒男命・表筒男命・神功皇后です。

住吉さんは海の神様です。

神話の中では水から生まれた神様です。

ちなみに、底筒は海底・中筒は海中・表筒は海上ですね。

そして神功皇后です。

私は日本の力強い女性の代表は神功皇后だと思っています。

神功皇后は応神天皇の母で、応神天皇を身籠っていながら、朝鮮を征伐にいった女性です。

スポンサードリンク

さて、今回はじっくり住吉大社を見ようと思い境内を歩いて回りました。

特に気になったのは燈籠や狛犬でした。

灯篭は面白かったので、また改めて書こうと思います。

祭殿の西側には池がありました。

そしてその池は当たり前のように少し段差が下がっています。

住吉大社は海の神様で、鳥居の前は海だったそうですね。

その名残かなと思いました。

スポンサードリンク

日本中、歩き回ると、海辺ではない場所でも住吉神社がまつられている場所があります。

そんな場所を見つけると、必ず近くに海に関する商売の名残があります。

住吉さんは海の守り神なので、海に関連する商売をしていた人が分霊したのでしょう。

海なし県の奈良にもあります。

奈良町情報館のすぐ北側30mぐらい登った場所にあります。

この近くの方が大阪の道修町で商売をされていたという話を聞いたことがあります。

何か関連があったのでしょうか。

路面電車に揺られて住吉参り。

とても楽しかったです。

大阪観光の半日コースです。

周りには古い和菓子屋さんやカフェなどもあります。

足を運んでみてください。

メールマガジン「奈良・ならまちニュースレター」発行しています

有料メールマガジン「地域活性化のヒント」発行しています


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。