Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/naramachiinfo/www/fuzimaru/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/naramachiinfo/www/fuzimaru/wp-includes/post-template.php on line 284

大坂天満宮のお祭りやイベント・初詣や七五三について

大阪
スポンサードリンク

大坂の神社といえば大阪天満宮が思い浮かぶ人も少なくないと思います。

大坂天満宮のお祭りやイベント・初詣や七五三について紹介します。

 

大坂天満宮周辺は古来から交通の要所だった

大阪天満宮は菅原道真が流される途中で立ち寄ったことが起源となっています。

菅原道真が死後、天神様になるに及んで縁の地として崇敬を集めました。

大坂天満宮の境内には神武天皇や神功皇后の碑が建っています。

察するに大阪天満宮は古来から大陸との交流の重要地だったのでしょう。

ちなみに菅原道真より以前から天神信仰というのはあったそうです。

天の神というのは農耕民族が考える雨や日照りなどと関係していきそうですね。

また、大阪は川が複雑に入り組んでいる河口でもあります。

災害があるたびに神様への畏れや感謝の気持ちが高まったでしょう。

大坂天満宮のお祭りやイベントについて

大坂天満宮は天神祭が有名ですね。

大坂天満宮の天神祭は毎年7月24日から25日に行われます。

大坂天満宮の天神祭は日本三大祭・大阪三代夏祭りとして有名です。

他にも大坂天満宮には氏神様として様々なお祭りやイベントがあります。

大阪に住んでいた時、天神祭の日は何か町の雰囲気の違いを感じていました。

そして夕方になると花火の音が聞こえてくるんですね。

大阪天満宮の天神祭は大阪を代表する風物詩ですね。

スポンサードリンク

大坂天満宮の初詣

大坂天満宮の初詣は1年で最も人が集まります。

また、大坂天満宮は学問の神様を祀っているので初詣はダブルで人が押し寄せます。

大阪天満宮の初詣は毎年50万人前後の参拝者があるそうです。

あまり広くない境内に50万人・・・。

近くの駐車場などはいっぱいになることが想定されます。

 

大坂天満宮の七五三について

大阪天満宮は七五三も人気です。

一般に学問の神様をお祀りする神社は七五三が盛んですね。

これは子供に学問のご利益を欲しいという願いがあるからでしょう。

また、天満宮はどこも子供へのサービスというか施しが充実しています。

私の地元の太宰府天満宮も七五三が大人気でした。

大阪天満宮の七五三詣は11月1日から30日の間に行われます。

大阪天満宮の七五三に関しては大阪天満宮社務所へお問い合わせください。

大阪天満宮社務所 06-6353-0025

 

 

大坂天満宮のお祭りやイベント・初詣や七五三について紹介しました。

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。