子供会のメリットは将来役に立つ小さな体験を得る場所の一つ

プライベート
スポンサードリンク

私は20歳で今の事業を始めました。

多くの人に出会った中で、感じることがあります。

それは、人は小さい頃から小さな成功体験を積んだ人がより社会で活躍するということです。

その小さな成功体験を積む場所として子供会はメリットがあります。

子供会のメリットについて紹介します。

子供会のメリット・・・子供会は子供の成長に大きくかかわってくる

私の小学生時代、クラスは1クラス30名前後で4クラスでした。

私の地域の小学生は小学校6年間、30人クラスを基礎にして物事を考えます。

一方で、子供会は小さな地区で作られます。

すると、30人の常識とはまた違ったルールや関係ができていきます。

30人クラスでリーダーに慣れない人も子供会ではリーダーになることができます。

ここで、組織が違うと、ルールや常識が違うことが学べるでしょう。

子供会はこのように子供の将来に非常に必要な多様性を学ぶことができます。

子供会のメリット・・・学校よりも強固な近所の友達との関係

学校は基本、教育機関であり、一定のカリキュラムのもとで運営されています。

子供会はあくまでも地域で自主的に活動しています。

学校ではクラスに馴染めない人ももちろんいます。

そんな人も子供会では楽しそうにしていた印象を私は持っています。

学校だけがすべてじゃない。

30年ほど前、私の地元では学校から帰宅後や休日は子供会の友達と遊んでいました。

みんなすぐ近くに住んでいるので、すぐ誘うことができます。

コミュニケーション能力。

これをあげていくためにはより多くの人と出会うチャンスが必要です。

そんな時、近所の人であれば、親も安心して遊びやすくなりますね。

学校ではない近所の子供会の関係が私はとても好きでした。

子供会のメリット・・・同級生だけではないグループに入るメリット

私の所属していた子供会は地区の小学生が全員入っていました。

1年生も3年生も6年生もいました。

そこで年齢に関係なく友達ができていきます。

私は3人兄弟の真ん中で兄と妹がいます。

しかし、兄弟のいない子からいうと年齢の違う友達ができることは大きなメリットでしょう。

ここで多様性というものを学ぶんですね。

子供会のメリットは同級生だけではないグループに入ることで多様性を学べます。

一度、小学校の運動会の練習で泣いていた友人を子供会の年上の人が見つけて励ましていたのを見た記憶があります。

同級生と喧嘩していても知っている年上の人が間に入ってくれるということもありました。

そこには年齢差のある人ばかりの社会と似たような雰囲気があるかもしれないですね。

子供会のメリットは同級生だけではないグループを知ることができることですね。

スポンサードリンク

子供会のメリット・・・小さな成功体験が自分の将来を重厚にする。

私は今、30人近くのスタッフに仕事を手伝っていただきながら会社を経営しています。

しかし、よく考えると自分が組織の中心だったことは子供会の6年生の時だけでした。

子供会はとても楽しい学びの場所だったように思います。

「あの時、自分はあんなことでもやることができたんだ」。

それが自分の将来を勇気づける大きな財産になるでしょう。

子供会のメリットを考えてみました。

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。