せごどん25話解説感想まとめ・吉之助が終生尊敬した人物名

歴史 西郷どん
スポンサードリンク

吉之助は危機一髪で島民に助けられます。

せごどん25話解説感想まとめ・・吉之助が終生尊敬した人物名について紹介します。

せごどん25話解説感想まとめ・・平等の思想

土持は藩の役人から怒られます。

しかし命令書を見て、内容に差異があったことを知り、役人に訴えます。

その結果、吉之助は家の中に座敷牢を作ってもらいました。

吉之助はそのお礼に島の子に学問を教えることにします。

そこで役人の子と流人の子を平等に教えることにしました。

せごどん25話解説感想まとめ・・生麦事件

島津久光は江戸からの帰り、生麦村で事件が起こります。

英国人は薩摩藩の行列を横切ります。

この当時、大名行列を乱すことはご法度でした。

島津久光の側近奈良原繁が英国人を斬りつけました。

英国人は虫の息になったため、海江田がとどめを刺しました。

英国は薩摩に押し寄せようとします。

せごどん25話解説感想まとめ・・薩英戦争

英国は薩摩へ攻め寄せようとします。

そして久光は一蔵の献策を取り入れて戦争準備を開始します。

小松帯刀と一蔵は英国との戦争を準備を始めました。

久光は藩の謹慎者を恩赦します。

慎吾たちも英国との戦いに加わることになりました。

せごどん25話の解説感想まとめ・・・川口雪蓬の島抜け

薩摩と英国の争いの話に川口雪蓬が危機感を覚え本国へ帰ろうとします。

吉之助はそれを止めますが一緒に牢屋に入れられます。

そこで沖永良部を守るための方策を考えます。

偽物の大砲を浜辺に置いて、敵を威嚇する方法を思いつきます。

そこに吉之助の教育を受けた子供たちが手伝いに来ます。

川口雪蓬は子供たちにナポレオンについて教えます。

スポンサードリンク

せごどん25話の解説感想まとめ・・・薩英戦争の勝利

薩英戦争は2日間で終わります。

英国は威嚇で屈服させることができると考えたことが誤算でした。

薩摩は一歩も引かずに戦ったため、和睦になりました。

そして、これを起点に薩摩と英国は深い絆を作っていきます。

また、そして吉之助にも藩から召喚命令が来ます。

迎えの使者は慎吾でした。

 

せごどん25話の解説感想まとめ・・吉之助が終生慕っていた人物はナポレオンだった

吉之助は川口雪蓬からナポレオンの名前を聞きます。

吉之助はナポレオンを大奈翁と呼び大変尊敬していました。

子供の教育にも平等を大事にした吉之助。

吉之助はナポレオンはフランス革命において平等を唱えたと考えていました。

せごどん25話の解説感想まとめ・・・吉之助が終生尊敬した人物名について紹介しました。

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。