せごどん28話解説感想・・すべてが計算済だった吉之助

歴史 西郷どん
スポンサードリンク

禁門の変に勝利した幕府方。

薩摩藩はその主力でしたが、負傷した長州藩を助けます。

せごどん28話の解説感想・・・平和主義な吉之助

禁門の変は京の町を燃やしてしまいます。

その戦禍に吉之助はきつく衝撃を受けました。

この気持ちを吉之助は終生忘れませんでした。

せごどん28話の解説感想・・・勝海舟に出会う

徳川慶喜は長州征伐を宣言します。

吉之助は慶喜に真意を聞きに行き、そこで勝海舟に出会います。

フランクな勝海舟がとても印象に残りました。

慶喜は長州藩が外国4か国との戦いになったことを吉之助に伝えます。

慶喜は幕府の人間であり、長州藩を徹底的に嫌っていました。

吉之助は慶喜の懐に飛び込んで、何かを画策します。

慶喜は吉之助に勝海舟に会うように指示を受けます。

スポンサードリンク

せごどん28話解説感想・・・勝海舟と島津斉彬

吉之助は勝海舟に会いに行きます。

そこで勝海舟の高名な弟子である坂本龍馬に出会いました。

不思議な間合いの龍馬に吉之助は戸惑います。

そして勝海舟にも出会いました。

勝海舟は吉之助の上司の島津斉彬とは懇意でした。

その話に吉之助は懐かしさを覚えます。

しかし、その勝は吉之助に幕府を見限るように言いました。

そして勝海舟は慶喜の書状を燃やしました。

せごどん28話の解説感想・・長州大討ち入り

長州大討ち入りの人事が決まります。

総大将に尾張徳川家徳川慶勝・参謀役は吉之助が選ばれます。

吉之助は中村半次郎と川路利良に長州藩内の情勢を調査させます。

長州藩内では恭順派が藩の主流になっていました。

吉之助は単身長州藩に乗り込んで和平案を提案します。

この和平案は了承され、和平へ進んでいきました。

しかし、その流れを一人の長州人が突き破りました。

その人物とは、高杉晋作でした。

せごどん28話解説感想・・すべてが計算済だった吉之助

吉之助は禁門の変で負傷した長州藩士を長州藩に返します。

吉之助は実はいずれ薩摩藩主導で倒幕をするために長州藩を麾下にしようと考えていました。

長州大討ち入りで長州藩を5万石程度にしたうえで影響下に置こうとしました。

実際に幕末は薩摩主導で長州と共に倒幕に進んでいきました。

その計算済みの吉之助でしたが、それを突き破ったのが高杉晋作でした。

せごどん28話の解説感想・・すべてが計算済だった吉之助を紹介しました。

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。