地域活性局

藤丸正明

鹿の舟の竈に朝食に行きました。


2015年11月にオープンした奈良町南観光案内所。

奈良が誇る全国屈指の名店「くるみの木」が運営しています。

施設全体の名称は鹿の舟という名前になっています。

奈良町南観光案内所には観光案内所の他に食堂とカフェがあります。

食堂「竈」はかまどでご飯を炊いて出されています。
たまにおこげにあたって喜ぶ方がいらっしゃいます。

カフェ「囀 さえずり」ではおしゃれなメニューが並んでいます。
ちなみに、囀の軽食はたまらなく美味しいです。

スポンサードリンク

今日はそんな鹿の舟の竈で朝食をいただきました。

連休明けの雨模様の月曜日。

あいにくお客さんもまばらだったので、お店の雰囲気を満喫できました。

くるみの木といえば、お店からのメッセージがとても好評です。

2016-05-09 08.05.59

国のまほろば
大和の竈へようこそ。

竈では、家族に食べさせるような気持ちで
心を込めて、お作りしています。
大和の美味しいものを食べて
奈良にお住いの方も
県外から来てくださった方も
外国から訪れた方も
一日元気にお過ごしください。

2016-05-09 08.05.43

今回、わかりやすいようにメニューが画像になっていました。

進化していく鹿の舟・・・。

うちの会社のスタッフがこの界隈に3名ぐらい住んでいます。

スタッフ「鹿の舟はどんどん改善していきはる」 と。

ならまちは商売の町なので、商売の努力に対して賛否を惜しまない地域だと思います。

それに対して、高級住宅街でもあるならまち。

住民の目は結構肥えており、厳しいとも思います。

スポンサードリンク

私は普段、朝食よりも睡眠を取ってしまいますので、こういった朝食はとても元気になります。

ならまちの北側に住んでいるので、普段、南側にはあまり出かけることがありません。

しかし、この施設ができてから、南側に来るのが楽しみになりました。

さて朝食です。

2016-05-09 08.13.08

今日は1,050円のちょっと高い朝食をいただきました。

朝から1050円を使うのはかなり贅沢ですね。

しかし、ここに来るとついついお金を出してしまいます。

1050円の朝食には自家製大和のがんもどき・葛こんにゃくの土佐酢がけがつきます。

今日は雨模様。

お客さんもそんなに多くありません。

大人気の鹿の舟。

平日の朝は結構狙い目です。

くるみの木のオーナーは石村由起子さん。

私は大学生の時に初めてお会いしました。

当時、奈良新聞に勤めていた記者の方の紹介でした。

その時はそんなにお話をすることもありませんでした。

それから2年後ぐらいにならまちで再会しました。

それから、もう8年ぐらいが経ちます。

まさかならまちに出店されるとは思いませんでした。

スポンサードリンク

このお店の構想をお聞きした時に、ならまちがまた変わるなと思いました。

人気のあるお店が町に入ってきてくださるのは町の案内所としてはとても嬉しいものです。

その一方で、実力はある一方、周辺との融和を考えない店舗であれば、恐ろしいものがあります。

そういう意味では知己のある人がならまちに出店していただけるのは大変うれしいです。

石村さん今後もよろしくお願いします。

メールマガジン「奈良・ならまちニュースレター」発行しています
有料メールマガジン「地域活性化のヒント」発行しています


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。