地域活性局

藤丸正明

奈良の大仏蛍を紹介します。

奈良には日本一とも言われる寺院、東大寺があります。

私は今、奈良の旧市街地ならまちに住んでいます。

奈良という町はとても住みやすいです。

理由は幾つかあります。

その中に、自然が近くにあることをあげます。

ならまちから車に乗って5分も行けば、奈良公園や春日原始林のあたりまで行くことができます。

これってとてもすごいことだと思います。

そして、季節に合わせた風景があります。

スポンサードリンク

6月ですね。

私は6月といえばまずは6月2日の本能寺の変を思い出します。

本能寺の変は奈良にも激震が走ったんです。

6月は人の考えに少し魔がさすのかなと勝手に思っています。

さて、6月といえば蛍です。

奈良のまちには蛍もいます。

奈良の代表的な蛍は東大寺の大仏蛍です。

大仏蛍は東大寺の境内に飛んでいます。

弊社のカメラマンが撮影した大仏蛍を紹介します。

その前に、念のために注意書きをしておきます。

大仏蛍は捕獲しないでください。

また、ライトを向けることもしないようにしてください。

それでは奈良の大仏蛍を紹介します。

13343034_485045051691111_6603341216448233036_n

これは4日前に(6月3日)に撮影した蛍です。目視できる範囲で10尾ぐらいだったようです。

13406856_487134911482125_2009793011262376955_n

これが6月8日の撮影分です。
スタッフ曰く、今年は当たりだと思われるそうです。
目視できる範囲でも20尾ぐらいはいたようです。

13343140_487134958148787_3972685984686632533_n

すごい風景ですね。

13344617_487134941482122_6682944408580678929_n

6月の乱舞ですね。

場所は、大仏殿の裏、二月堂裏参道の途中にある大湯屋の辺りです。午後8時過ぎに街灯が消えてから午後9時頃までが見頃です。

私の実家のある太宰府でも、太宰府政庁跡の裏の川にはホタルがいました。
実家の隣の御笠川でも蛍を見ることがありました。

小さい頃はガラスの瓶に入れて持って帰ったこともありました。

ちょうど20年ぐらい前の話ですが、その頃は取っ手はダメという話はありませんでした。

自然が無限大であるという印象を社会が持っていたのでしょうか。

友人たちも捕獲して持って帰っていました。

次の日、ガラス瓶の中で死んでいる蛍を見て衝撃を受けました。

最初で最後の体験でした。

スポンサードリンク

奈良はその点、自然との共生の意識が高いですね。

大阪などではあまり蛍を見ることができる場所は少ないでしょう。

奈良であれば、葛城や明日香・桜井あたりでも蛍は見ることができます。

蛍を見に、ぜひ奈良に足を運んでください。

※くれぐれも蛍を取らないようにしてください。

奈良の蛍、東大寺の大仏蛍を紹介しました。

スポンサードリンク

メールマガジン「奈良・ならまちニュースレター」発行しています
有料メールマガジン「地域活性化のヒント」発行しています

LEAVE A REPLY

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。