地域活性局

藤丸正明

真田丸26話瓜売の感想を書きました。

秀吉は実子鶴松の死を忘れるようにあることに没頭していきます。

そのあることは今でもお隣の国の教科書では問題視されています。

 

それでは、真田丸26話瓜売の感想を書きます。

2016-04-14 10.25.04

秀吉は外征を決意します。

秀吉はかつて信長にこんなことを言っていました。

「中国地方を平定すれば、その力で九州を平定します。」

「九州を平定すれば1年だけ治めさせていただければその年貢で朝鮮を平定します」
「朝鮮を平定すれば、1年分だけ年貢をもらい、中国を平定します」

これは司馬遼太郎さんの新太閤記に書いてある内容です。

秀吉の構想の中にはそれがあったのでしょうか。

スポンサードリンク

そんなことで朝鮮出兵が始まります。

本来は明(つまり今の中国)まで行く予定だったようですね。

しかし、実際は大陸の方が自力に勝ります。

そして諸大名は相次ぐ戦争で疲弊しつづけています。

 

そして膠着していきます。

今回の真田丸26話瓜売はその膠着状態の中で起こる仮装大会を題にしています。

仮装大会で秀吉が担当した役。それが、瓜売でした。

これは実際に実話で残っている話です。

秀吉はあまり大きくない政権の基盤の上に成り立っています。

なので、こういった演出で人心をつかんでいったのでしょう。

スポンサードリンク

秀吉の母、大政所が世を去ります。

同じくして、信繁の祖母、とりが最後の時を迎えます。

時代の中で人は亡くなって行きます。

亡くなった人の分をまた他の人が補填することで人類は発展してきました。

真田丸26話瓜売の感想は世代交代が全体的に見えること。

秀吉から秀次へ、今回は出てきませんが、秀吉の相談相手は黒田如水などから石田三成へ。

そして信繁のもとには大谷吉継の娘、春が登場します。

後に、信繁の正室となる人です。

演じるのは、松岡 茉優さんですね。

私の予感ですが、この女優さんは大物になる気がします。

春は、晩年には真田紐を考案したとも言われている人物です。

 

真田は信繁を取次として豊臣政権とのパイプを太くしていきます。

その一方で、兄の信幸は徳川寄りの人生を歩みます。

真田丸26話では信繁と兄の信幸に立場や事情の違いが出てきます。

そんな世代交代の中で秀次は立場が危うくなってきます。

真田丸26話は史実上の時間をかなり急かしてまとめた感じでした。

今後は関ヶ原の戦い、大坂の陣の2つのクライマックスに向って進んでいくのでしょう。

真田丸26話瓜売の感想を書きました。

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。