都道府県別都道府県内総生産ランキングを紹介します

地域活性局

 

私は地域を歩く時、前提条件として、人口や面積などは大雑把に頭に入れて歩きます。

都市人口やお祭りなどは地域力を見るうえで大きなヒントになります。

さて、今回紹介するのは2012年の県内総生産額です。

スポンサードリンク

2012年 都道府県格付研究所による都道府県県内総生産ランキング

 

1位 東京    91兆9089億円
2位 大阪    36兆8430億円
3位 愛知    34兆3592億円
4位 神奈川 30兆2578億円
5位 埼玉  20兆3740億円

まずは、東京だけが突出しています。最下位の鳥取の実に53倍。
大坂・愛知・神奈川は順当ですが、埼玉が5位に入っているのが意外でした。

6位 千葉    19兆1323億円
7位 兵庫  18兆2732億円
8位 北海道 18兆1241億円
9位 福岡  17兆9122億円
10位 静岡  15兆4853億円

千葉は兵庫や福岡よりも上なことに驚きました。
続いて、北海道や福岡の地方の中心都市が入っています。

11位 茨城  11兆6420億円
12位 広島  10兆8536億円
13位 京都  9兆8470億円
14位 新潟  8兆6874億円
15位 宮城  8兆3564億円

茨城は栃木や群馬よりも数字が高いですね。

16位 栃木  7兆7379億円
17位 長野  7兆6863億円
18位 群馬  7兆5653億円
19位 三重  7兆3483億円
20位 岐阜  7兆1362億円

群馬も入り、関東はすべて入りました。やはりすごいですね。
ちなみに、三重と岐阜で東海も20位以内にすべてランクイン。

21位 岡山  7兆 646億円
22位 福島  6兆8070億円
23位 滋賀  5兆7695億円
24位 山口  5兆6930億円
25位 熊本  5兆6395億円

21位以下はおおよそ県庁所在地を中心にした県内経済。
東海・山陽新幹線の通っている地域はすべて出ました。

26位 鹿児島  5兆3472億円
27位 愛媛   4兆7161億円

28位 青森   4兆4722億円
29位 石川   4兆4265億円
30位 長崎   4兆4034億円

東京から離れた地域が下位にランクインしている気がします。

31位 富山   4兆3840億円
32位 岩手   4兆3812億円
33位 大分   4兆1988億円
34位 沖縄   3兆8066億円
35位 香川   3兆7635億円

沖縄が34位にランクイン。

36位 山形   3兆6896億円
37位 和歌山  3兆5727億円
38位 宮崎   3兆5310億円
39位 秋田   3兆5017億円
40位 奈良   3兆4992億円

農業県が連続している印象です。
その下にわが奈良県があります・・。

41位 山梨   3兆1383億円
42位 福井   3兆 898億円
43位 徳島   2兆8389億円
44位 佐賀   2兆6445億円
45位 島根   2兆3420億円

県庁所在地の人口が20万人を切っています。

46位 高知   2兆1604億円
47位 鳥取   1兆7482億円

高知と鳥取はともに、地の利が隣接する県との経済性にハンデがあるように思います。

スポンサードリンク

これを調べようと思った理由があります。

奈良と滋賀はあまり人口に変わりがありません。
2010年の人口総数だと奈良は140万人。滋賀は141万人。

しかし、経済ランキングを見ると、
滋賀は23位5.7兆円。奈良は40位の3.4兆円。
経済力は1.5倍以上差がついています。

先日、滋賀県大津市に行った際に、やはり町が大きく感じました。

大津市は人口33万人。奈良市は36万人。

地理的条件を考えても、大阪に近い奈良の方が有利な気も・・・。

奈良と滋賀の違いといえば、土地の広さだと思います。

滋賀は土地がとても広いですね。

一方で、奈良の土地の多くは山林です。

地図で見てもらえればわかります。

img_7926

奈良のほとんどは山林

画像のうち、左上の平野部は大阪府です。

右上の平野部は伊賀盆地です。

その間の盆地が奈良盆地になります。

ちなみに、南側の山林のほとんどは奈良県内です。

奈良は平たんな場所が奈良盆地しかないんですね。

そして、古代から人が住んでいるので、土地の権利が細分化されています。

もう一つあるのは、奈良市から大阪市までの距離は32キロぐらいしかありません。

大都市の近郊なので、ベットタウンとしては機能しています。

その一方で地域経済としてみると地域経済は大阪中心と言えるでしょう。

地域はそれぞれ、特徴や事情を抱えています。

それが解決できる時代でもあると思いますし、利便性の向上はさらに大都市を大都市化するでしょう。

メールマガジン「奈良・ならまちニュースレター」発行しています
有料メールマガジン「地域活性化のヒント」発行しています

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。