おんな城主直虎48話の解説と感想・糖尿病だった信長の余暇

井伊直虎 歴史

宴会中の徳川氏のもとに織田信長から使者が来ます。

使者は後に神君伊賀越えを助ける長谷川秀一です。

織田信長は甲斐からの帰りに徳川領を通ると通告してきます。

 

おんな城主直虎48話の解説と感想・・糖尿病だった信長の余暇

徳川家康は駿河領有のお礼に一世一代のもてなしを計画します。

そして浜松に訪れた織田信長はなんだか病気のような表情。

今川氏真が相撲の座興で信長をもてなします。

信長は座興の相撲を見ながら家康につぶやきます。

小兵を見て、桶狭間の自分を思い出すと。

その後、家康に向かって同盟してくれたお礼を言います。

この間の会話も少し変でした。

その夜、今川氏真は廊下で明智光秀に出会います。

スポンサードリンク

明智光秀の子供自然 じねん・・・

井伊谷に武家の子供のような子が辿り着きます。

直虎が預かった子供はなんと明智光秀の息子でした。

今川氏真は明智光秀の子供を2~3カ月預かります。

 

明智光秀は氏真に信長殺害を持ち掛けます。

信長の家康への召喚の裏に信長による家康の皆殺しを暴露します。

それに逆に乗って、信長を殺そうと提案します。

 

 

徳川家は信長接待成功に宴会を行います。

5000貫の支出と8000俵のお礼の割が合わないと万千代は不満を言います。

そんな時、また長谷川秀一が信長の使者としてやってきます。

おもてなしの返礼に安土へ来いと信長の伝言です。

家康だけでなく、重臣たちも指名される怪しい話・・・。

 

そんな時に、今川氏真が来て、事の真相を徳川家康に伝えます。

 

徳川家康は上洛を悩みます。

直虎は家康と会い、明智の謀反に加担しないように忠告します。

いつか日本を統一してほしいと。

そして、自然はお寺で匿うということになります。

徳川の重臣達は団結して安土城に向かいます。

 

スポンサードリンク

おんな城主直虎48話の感想・・糖尿病だった信長の余暇

おんな城主直虎48話では、信長による徳川抹殺を明智光秀に聞く展開でした。

しかし、富士山を見て、駿馬で走り回った信長。

浅間本宮で人穴を見たという記録が残る信長。

天竜川での人垣に感動した信長。

果たして、家康を暗殺することを考えたでしょうか。

 

直虎48話で出てきた信長の本当の目的は物見遊山だったでしょう。

しかし、家康及ぶ徳川にはやはりトラウマが残っています。

その間隙を明智光秀につかれたのではないでしょうか。

信長にはこの時期、もうあまり大きな目標などはなかったように思います。

信長は病気だったといわれています。

48話でもちょっとその雰囲気を出していました。

そんな信長の浜松への来訪はきっと人生の余暇だったでしょう。

おんな城主直虎49話は本能寺が変です。

展開がとても速くなってきました。

本能寺の変について新説などもありますので、少しまとめてみました。

明智光秀の最後と死因と家紋や子孫・本能寺の変の謎と家康

 

おんな城主直虎49話も楽しみですね。

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。