太宰府市長選挙2018年立候補者楠田氏・木村氏の静と動

太宰府

最新はこちら

太宰府市長選挙2018立候補者楠田氏と木村氏の終盤情勢

いよいよ近くなってきた太宰府市長選挙2018年。

太宰府市長選挙2018年立候補者の楠田氏と木村氏の静と動について紹介します。

スポンサードリンク

太宰府市長選挙立候補者楠田大蔵は動の人

楠田氏の経歴

1975年 筑紫野市生まれ
1994年 久留米附設高校を卒業
1996年 東京大学入学(2浪)
2000年 住友銀行に入行
2002年 国家試験合格後、政治家の秘書を務める
2003年 衆院選に比例で当選
2005年 衆院選落選
2006年 比例の繰り上げ当選
2009年 衆院選で原田義昭を破る
     防衛政務官に就任する(在任期間364日)
2012年 衆院選に落選
2013年 衆院選に落選
2017年 衆院選に落選(希望の党騒動)
    太宰府市長選挙に立候補

楠田大蔵氏は動の人ですね。
国会議員という職場上の事情もありますが、3年と同じ職場にいたことがありません。

16歳の頃にバブル崩壊。
社会の価値観が壊れた時代に成人し不況の中で過ごした世代です。
何度も転職しているところは世代特有でしょう。
筑紫野市出身で太宰府市長を目指すところも同傾向ですね。

スポンサードリンク

太宰府市長選挙立候補者木村じんじは静の人

木村じんじ氏の経歴

1953年 太宰府市生まれ
1977年 福岡大学卒業
    太宰府市役所税務課
2003年 太宰府市観光課長
2009年 太宰府市総務部長
2012年 太宰府市教育委員会 教育長
2017年 太宰府市長選挙に立候補

木村じんじ氏は楠田氏に対して静の人ですね。
生まれ・育ち・仕事も一貫して太宰府市です。
太宰府市役所で定年を迎え、教育長に就任します。

現在64歳。

現在は行政職に就くことは地方では勝ち組といわれています。
しかし、当時は逆に民間の方が給与も良かった時代です。
木村氏は長男ということもあるのでしょうか。
太宰府に居続けており、最近は介護が大変だったそうですね。

 

 

太宰府市長選挙に勝ち上がるのは静か動か。

太宰府市長選挙は2018年1月28日投開票です。

太宰府市長選挙2018年立候補者の楠田氏と木村氏の静と動について紹介しました。

スポンサードリンク

 

太宰府市長選挙2018候補楠田・木村の対立軸と問題と展望

太宰府市長選挙2018立候補した候補者3名の紹介

太宰府市の問題太宰府市長の市議会解散再選挙と市長失職について

太宰府市長の市議会の市長問責決議と議会解散と失職

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。