せごどん22話感想・・命令を無視した吉之助が得たもの

歴史 西郷どん
スポンサードリンク

奄美から召喚された吉之助に同志たちは喜びます。

せごどん22話感想・・命令を無視した吉之助が得たものを紹介します。

 

せごどん22話の感想まとめ・・久光に苦言を呈した吉之助

吉之助の帰還と共に、久光の上洛作戦が動きだします。

帰還の挨拶に正助と向かった吉之助は自分のかつての経験からその作戦は無理だと言います。

正助が苦労して築き上げてきた情勢に吉之助は結果として水を差します。

吉之助が江戸で活躍してきた際に見てきた情報や経験。

そして、吉之助だけが奄美に取り残された際の世間の状況の変化。

吉之助はその時間のブランクに苛まれます。

せごどんの22話の解説と感想・・・吉之助の弟慎吾

吉之助は久光の上洛作戦に置いて下関へ先発を命じられます。

下関では当時西日本一の豪商と呼ばれた白石正一郎です。

そこで吉之助は弟の慎吾の話を聞きました。

慎吾は京都で薩摩藩の準備を担当していました。

せごどんの22話の解説と感想・・・倒幕への世論の始まり

安政の大獄と井伊直弼暗殺。

この二つの事件は日本中の血気盛んな若者を大変刺激します。

しかし、一度頭を打った吉之助から見るとその世論は甘く見えたでしょう。

吉之助は京の地で有馬新七と会います。

有馬新七は世間の沸騰の中で同志と独自に京に上洛していました。

そのグループを吉之助は説得してひとまず鎮めます。

弟の慎吾はなんとこの有馬新七のグループにも所属していました。

 

斉彬の下で薩摩を留守にして江戸で活躍した吉之助。

後に明治維新の元勲になる慎吾は吉之助のことをあまり知りませんでした。

もしかすると、この時が二人が初めて腹を割って話した時かもしれないですね。

スポンサードリンク

せごどん22話の解説と感想・・・久光の下知を結果的に無視してしまった吉之助

吉之助の京への移動は久光の下知を無視した行動となりました。

下関でその吉之助の行動を知った久光は激怒しました。

せごどん22話の解説と感想まとめ・・命令を無視して吉之助が得たもの

吉之助は久光の命令を無視しました。

しかし、同時に吉之助は実は多くの「同志の命」を得ていました。

この吉之助の説得の延長で救われた命はやがて吉之助を大いに助けます。

西郷慎吾・大山弥助・篠原国幹・永山弥一郎などは後の吉之助を助けます。

吉之助が命令を無視して得たものは同志のかけがえのない命でした。

せごどん22話の解説と感想まとめ・・命令を無視して吉之助が得たものを紹介しました。

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。