せごどん41話の解説感想・吉之助を追い込んだ江藤の策略

西郷どん
スポンサードリンク

島津久光は廃藩置県に怒り狂います。
しかし、日本は新しい国の設計へ向かっていきます。
せごどん41話の解説感想・・吉之助を追い込んだ江藤の策略

せごどん41話の解説感想・・岩倉使節団

岩倉を中心に政府の首脳陣が欧米へ視察と不平等条約の改正交渉に向かいます。
一蔵はその使節団の中心で、吉之助は留守の責任者に任されます。

一蔵から抱負を聞いた吉之助は息子の吉次郎を遣欧を検討します。
そして、菊次郎は欧州へと旅立つのでした。

一方、薩長の首脳陣が面白くない佐賀の江藤新平や土佐の後藤象二郎。
彼等はその留守中に何かをたくらもうとします。

せごどん41話の解説感想・・吉之助の宮廷改革

吉之助は宮中の改革を計ります。

それまでの宮中は京の朝廷の延長で公家が天皇を取り巻いていました。
しかし、吉之助は天皇は国家の象徴になると考えます。

そこで、強き逞しき天皇になってもらうために村田新八・山岡鉄舟を侍従とします。
そして、明治天皇と共に鹿児島に向かいました。

せごどん41話の解説感想・・遣欧使節の顔ぶれ

遣欧使節いわゆる岩倉使節団の顔ぶれが決まります。
岩倉具視・大久保利通・木戸孝允・伊藤博文・を中心に多くの随行が決まります。

吉之助の周囲も少なからず、随行に入っています。
川路利良や村田新八です。


吉之助は周囲の人物を政府の職に推薦していきます。
しかし、その分、吉之助の周りから人が去っていきました。
周囲が去っていった吉之助は肥満の病気と共に周囲から孤立していきます。

スポンサードリンク

せごどん41話の解説感想・・江藤新平の策略と吉之助の憂鬱

留守を任された吉之助。
岩倉は人事等新しいことをしないように指示していきました。

そして、政府には汚職が続きます。
山県有朋・井上馨など長州系要人に汚職が続きます。

江藤新平が司法の力を大いに動かし証拠を集めて長州勢力を追い落としに掛かります。

江藤は常にこんなことを言っていたそうです。
長州は金・薩摩は女に弱いと。
薩長政権から長州勢力を追い出した後に薩摩を追い落とす。
これが江藤新平の策略でした。

このたくらみはやがて、征韓論という世論となって吉之助と一蔵の仲を完全に割ってしまいます。
しかし、その江藤も後に一蔵の力に圧倒され、佐賀の乱を起こして首謀者として斬首されます。
最期に江藤が頼ったのは、江藤が最も馬鹿にしていた吉之助でした。

私は江藤新平という人物は好きです。
江藤には江藤の正義があり、それはそれで筋が通っています。
詳しくは司馬遼太郎さんの著書「歳月」をお読みください。

せごどん41話の解説感想・吉之助を追い込んだ江藤の策略を紹介しました。

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。