地域活性局

藤丸正明

ならまちのカフェ「cafe maru」のパンケーキを紹介します


 最近、巷で流行っていると言われるパンケーキ。

パンケーキは主に英語圏の言葉であり、ホットケーキはアメリカで使われている言葉のようですね。

 

 そんな流行りのパンケーキですが、奈良市内でもパンケーキが好きな人が通うお店がならまちにあります。

ならまちのカフェ café maru を紹介します。

 

 パンケーキを食べに大阪から奈良へ来る人がいると言う話を時々聞きます。

そんなことがあるのだろうかと思うのですが、大仏さんや鹿さんを見に来るのと同じぐらいの楽しみとしてならまちにやってきてくれる人がいることをとても嬉しく思います。

 2016-02-13 18.10.19

Café maruは奈良町情報館から西へまっすぐ徒歩4分ぐらいの場所にあります。

Café maruの前は坂道になっています。

向かいにはなら工藝館があります。

 

建物は古い町家を改装してカフェ仕様になっており、とても雰囲気のあるお店です。

私も仕事でちょっと息抜きしたい時にぱっと立ち寄れるお店として珍重しています。

wi-fiも完備されており、仕事もできる空間です。

 2016-02-13 17.49.31

さて、今回はオーソドックスなパンケーキを食べました。

イチゴのソースをかけていただきました。

パンケーキはフワフワで口に入れた瞬間に卵の甘味がぱーっと広がります。2016-02-13 17.50.22

ジュースはリンゴジュースをいただきました。

2016-02-13 17.49.40

 

 ならまちには気軽に寄ることができるカフェから、ハイヤーの並ぶ日本料理店まで飲食店があります。

一軒一軒のお店が奈良に訪れる人へひと時の時間を提供し、交流があり、そして、また来年も再来年も訪れるお客様がいることが、ならまちという旧市街地の魅力だと思います。

ならまちには元興寺という世界遺産がありますが、興福寺や東大寺のような巨大な観光資源とは少し距離があります。

その中でも年間100万人と言われる訪客の絶えないまちになりました。

それはこれまでの地域の方のまちづくりへの情熱があったと思います。

そして、訪れる人をおもてなしするお店があり、そして存在し続けるからだと思います。

 

 Café maruのパンケーキについて書きながらそんなことを思いました。

奈良に観光に来られる際には、ならまちのcafé maruのパンケーキをおすすめします。

 

メールマガジン「奈良・ならまちニュースレター」発行しています
http://www.naramachiinfo.jp//

有料メールマガジン「地域活性化のヒント」発行しています

 


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。