地域活性局

藤丸正明

上杉景勝に見る組織の相続問題

大河ドラマ「真田丸」を見ていると、どうしても気になる上杉景勝。
主人公の信繁と死ぬまで関係があった彼を少し紹介します。

上杉景勝。彼は上杉謙信の姉の息子になります。実父は長尾政景と言います。
長尾政景は謙信の功業を助けましたが、上杉家における勢力が大きすぎたことが原因で謀殺されたとも言われています。

武田信玄と上杉謙信は共に比べて語られることが多いですが、武田家に比べると上杉家は家臣の層が薄い印象があります。
それはたびたびの謀反があったり、謀反を起こしても謙信が許すということも原因であると思います。
どちらにしても武田信玄と上杉謙信はその性格による色合いが家中に出ていると言えます。

スポンサードリンク

 さて、上杉景勝。彼は養子です。22歳で養父の謙信が亡くなることで人生最大の危機を迎えます。
謙信には実子がいなかったので、実質2名の養子がどちらが跡を継ぐのか、謙信は決めることなく脳溢血で倒れ世を去ります。
後の流れから考えると、上杉家の親族の景勝が継いで当然のような気もします。

もう一人、景虎という養子がいました。

景虎は北条氏康の8男だったそうですが、実家の後ろ盾もあり、周囲は二人の争いに参加して大騒動になりました。

上杉家はこの騒動の際に織田家の侵略を受けて、規模が最盛期の半分程度にまで小さくなりました。
謙信存命中は、新潟県・富山県・石川県・群馬県の半分・長野県北部の一部が上杉家の領地でした。
それがこの騒動の際にほぼ新潟県のみになってしまいます。

 そして、西からは織田家の北陸方面指令官の柴田勝家が攻めてよせ、南からはこちらも織田家の長野県北部担当の森長可が
攻め寄せ、人生最大の危機を迎えます。

 この状況は、本能寺の変が起き織田家が総崩れを起こす事で危機を脱出できます。
あと半年信長が生きていれば、上杉家は残っていなかったのではないでしょうか。

 上杉景勝の危機を見ると、養父謙信の死が人生の大きな苦労と直結しています。
組織は後継者を決めておかないと、取り返しのつかないことになるという証明だと思います。

また、結果、組織が若返るのですが、そこには天才的な補佐役直江兼続の存在がありました。
上杉景勝は決して凡庸ではなかったと思いますが、彼は養父謙信の遺徳を守ったと言われています。

また、極端な無口だったと言われています。これは直江兼続の進言だったと言われています。
謙信程の器量がないが、無口であれば威厳が出て、自然と謙信然とした雰囲気が作れるということでしょうか。

スポンサードリンク

 その後、景勝は関ヶ原の戦いにおいて、徳川家康と敵対しますが、目論見は失敗しました。
家康の方はもっと若いうちに多くの苦労をした上で、順調な成長を遂げたのでしょう。運もよかったのでしょう。

 いつの時代も弱肉強食はあります。後継者の問題。

それはしっかりと継ぐ側だけでなく継がせる側も心してかからなければならないのでしょう。

 

2016-01-12 13.18.27 HDR

スポンサードリンク

メールマガジン「奈良・ならまちニュースレター」発行しています

有料メールマガジン「地域活性化のヒント」発行しています

LEAVE A REPLY

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。