地域活性局

藤丸正明

鹿の舟の囀にランチに行きました

奈良町南観光案内所。

ここには指定管理としてくるみの木が運営をしています。

くるみの木の運営部分は鹿の舟という店名になっています。

鹿の舟では、2つの料理を楽しむことができます。

食堂「竈 かまど」では竈で炊いたご飯と季節の食材を食べることができます。

カフェ「囀 さえずり」では主に洋食を中心とした食事が出ます。

カフェ囀りは今回、ランチを提供することになりました。

2016年7月8日に新メニューが出ていますので紹介します。

くるみの木のオーナー石村由起子さんに試食に招待いただきましたので紹介します。

メニューは3点です。

2016-07-07 12.01.31

メニュー表です。

 

まずは1品目

2016-07-07 12.08.05
いかとズッキーニの葛うどんカルボナーラです。

「もちっとした食感の葛うどんを大ぶりのいか、ズッキーニと合わせてカルボナーラにしました」

イカは石村由紀子さんが関わっている島根県浜田市の漁港のものを使っているそうです。

ズッキーニと葛がとてもあっさりしており、すっきりしたカルボナーラでした。

他にグリーンリーフのサラダとおぼろ昆布とレモンのスープが付いています。

 

続いて2品目

2016-07-07 12.03.41

エビと香草の夏ごはん。

 

「スパイスとナッツのアジア風ごはんにソテーしたエビとホタテ、たっぷりパクチーを合わせて夏らしいごはんにレモンを絞ってどうぞ」

これ絶品です。

3つともいただいた中で最も美味しかったメニューでした。

夏のアジアのごはんのいいとこどりで作られたごはんです。

おぼろ昆布とレモンのスープが付いています。

毎日でも食べることができそうでした。

 

スポンサードリンク

3品目

2016-07-07 12.07.59

原木椎茸ソーセージのグリル

「吉野新鮮しいたけおかもとさんが手間暇かけて育てられている原木椎茸をたっぷり入れた濃厚な味わいソーセージ。

こちらは大山小さじいち天然酵母パン、おぼろ昆布とレモンのスープが付いています。

 

スポンサードリンク

 

 

くるみの木のオーナー石村由紀子さんは食へのこだわりがとても強く、食事について熱く語ります。

また、石村さんは世界中の食事を食べ歩いて勉強しています。

なので、いろんな食事の良さを参考にしてお店のメニューにしています。

囀のランチおすすめです。

 

スポンサードリンク

 

メールマガジン「奈良・ならまちニュースレター」発行しています

有料メールマガジン「地域活性化のヒント」発行しています

LEAVE A REPLY

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。