地域活性局

藤丸正明

真田丸27話不信の感想を書きました。


今回は選挙の影響で少し早目の放送になりました。

2015-12-09 16.03.37

さて、真田丸27話不信の感想を書きます。

スポンサードリンク

秀吉の実子が亡くなって秀次が関白になります。

そして関白になった後に、また秀吉に実子ができます。

名前は拾(ひろい)と名付けられました。

前の子供は捨(すて)と名付けられていました。

捨て子は育つという風習があったそうですね。

しかし亡くなったので、今度は拾い子は育つという考えのもとに拾と名付けられました。

そして秀次は迷走を始めます。

熱海に2か月の旅行に出掛けます。

跡継ぎの苦悩が見えてきます。

秀吉との関係を保ちたいと能を学びます。

宇喜多秀家。

宇喜多秀家について

私はよく経営者の方から後継者の相談を受けます。

経営者が後継者に望むのは「デキる後継者」です。

しかし、多くの場合、後継者というのは経営者の理想には近づかないものでしょう。

秀次の苦労は秀吉には届きません。

そして弟の秀保が病気になります。やがれ亡くなります。

秀保は秀吉の弟、秀長の跡を継いでいました。

秀次の弟の秀俊は小早川家に養子に出されます。

この時期に人がいなくなっていきます。

真田丸27話の題名不信はここで現れます。

ドラマでは一進一退の人間関係が続きます。

しかし、実際は秀吉は計画的に秀次を殺したでしょう。

そして豊臣家には成人男性がいなくなってしまいます。

秀吉は周りが見えにくく自暴自棄にもなっていったのでしょう。

秀吉の晩年は呆けていたとしか言えない状況になっていきます。

そして真田は兄弟揃って官位をもらいます。

信幸は伊豆守、信繁は左衛門佐に任官します。

ここでも信繁の入れ知恵が入り、信幸は真田丸27話の題名通り不信に陥ります。

スポンサードリンク

そして父の昌幸は伏見の普請を秀吉から命じられます。

27話の題名は不信。

普請とかけているのでしょうか。

そして、伏見城の普請図が出てきます。

そこには評定場などがかかれています。

隠居城には必要なのかと秀次は思います。

まさに27話不信ですね。

そして秀吉もまた秀次に不信を持つんですね。

そして秀保が死んでしまいます。

秀吉は豊臣政権の前途を暗く思ったでしょう。

そして葬式もさせませんでした。

それを見て秀次や秀俊はまた不信に思います。

真田丸27話不信の感想を書きました。

真田丸28話受難のあらすじとみどころも書きました。

http://tadaakifujimaru.com/2016/07/10/post-1297/

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。