地域活性局

藤丸正明

真田丸33話動乱の感想 泳がされている三成と思う壺の家康

今日は三重県に行っていましたので真田丸33話動乱は録画を観ました。

 

BSの方が映像がいいらしいですね。

 

それでは真田丸33話動乱の感想を書きます。

今回の大河ドラマでは徳川家康と本多正信の掛け合いがポイントです。

実際は家康は話し相手程度に正信を使っていたでしょう。

正信は真田信繁最後の大坂の陣でまた暗躍します。

image

真田丸33話動乱では、島左近、板部岡紅雪斎が登場しました。

大坂の陣で活躍した武将が信繁であれば、関ケ原で活躍したのは島左近ですね。

 

島左近は三成の股肱の臣で猛将です。

三成と豊臣家官僚の戦争のキャリアを支えました。

板部岡紅雪斎は北条家滅亡後、秀吉のお伽衆となっていました。

そして家康の方に内応していました。

 

三成は利家を説得して豊臣家全体として家康を討とうとしました。

しかし、家康方の方がすでに人数が多くなっていました。

諸将の集まる居間の掛け軸は「八幡大菩薩」でした。

徳川家は源氏を標榜しています。

その源氏の戦いの神様は「八幡さま」ですね。

 

福島正則が三成を説得に来ました。

三谷幸喜さんの演出では豊臣の子飼いは一応は仲の良い演出ですね。

しかし、このころ既に子飼いのほとんどが家康についていました。

細川忠興は三成の説得を跳ね除けます。

細川はこの時迷ったでしょう。

細川は実は前田家との紐帯を厚くしていました。

細川忠興の長男忠隆の妻は前田利家の娘です。

また、加藤清正にも罵倒されたことがあったようですね。

しかし、細川家は計算高さで時代を乗り切った家です。

前田利家の死後、細川家は家康に従いました。

大谷吉継は三成とも親しかったのですが、実は家康とも親しい関係でした。

三成方で終始最後まで強力な味方は宇喜多秀家だけでした。

 

小早川金吾秀秋も出てきます。

しかし、この金吾秀秋は三成に恨みがあります。

三成は秀吉の命令で秀秋の所領の没収を主導します。

なので、最後(関ケ原)まで曖昧なままでした。

スポンサードリンク

 

真田丸33話動乱。

動乱とは動き乱れることです。

真田信繁のキャリアのハイは最後の大坂の陣です。

33話にして動乱です。

この後、どのようにまとめていくのでしょうか。

 

 

三成は結局、襲撃を諦めます。

秀吉の死から少しずつ政権がぶれ始めました。

真田丸33話動乱の感想。

三成は必死に動き回ります。

しかし、三成は19万石、家康は250万石です。

一度、戦国の世が太閤秀吉のもとに平和になりました。

それが戦乱に戻ろうとしています。

 

諸将は強力なリーダーのもとで生き残りたいんですね。

そして、三成は秀吉の意向に沿った政権運営の犠牲を引き受けていました。

荒くれの大名たちを統制するための嫌われ役。

それが三成だったのですね。

スポンサードリンク

私は三成は日常における性格的な問題はなかったのではないかと思っています。

むしろ、豊臣政権の安定のために統制する側の人間として役割を全うしたのではないでしょうか。

そんな三成が報われないのはその時代の事情ですね。

今の時代に三成が生まれていれば、官僚から政治家となり、そして総理大臣でもできたかもしれないなと思います。

真田丸33話動乱の感想を書きました。

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。