地域活性局

藤丸正明

ならまちランチで蕎麦の吟松に行きました


奈良の歴史的町並みが残るならまち。

多くの町家が立ち並び、毎年100万人を越す観光客が訪れます。

そんなならまちの街角に30年以上続く蕎麦店があります。

吟松ならまち店。

今回はならまちの吟松にランチに行きました。

2016-09-01 12.24.18

吟松ならまち店は、奈良町資料館の北口の北側にあります。

奈良町情報館から南へ3分、菊岡漢方薬局を右(西)へ曲がりすぐです。

スポンサードリンク

今回は、天ぷらそば(1300円)と、ミニ天丼セット(1050円)をいただきました。

天ぷらそばは蕎麦に天ぷらが付いています。

2016-09-01 12.07.02

今回は茄子とかぼちゃ・海老・海苔・鱚(キス)でした。

ミニ天丼セットは小さな蕎麦に小さな天丼がついています。

2016-09-01 12.07.18

天ぷらはかぼちゃ・海老・海苔・茄子です。

こちらのお店は女性のオーナーが経営されています。

蕎麦は基本的に10割蕎麦。

10割蕎麦というとどちらかというと柔らかい蕎麦の印象があります。

しかし、ここの蕎麦はとてもコシがあって食べごたえがありました。

オーナーの牧野さん。

父の代に奈良に出てこられたそうです。

元は大分だったそうです。

私が九州から奈良に来たと聞いて、ならまちの様々なことを教えてくださいました。

スポンサードリンク

今日は本当に久しぶりに蕎麦をいただきに行きました。

あまりにも久しぶりだったので、とても喜んでくださいました。

お店にはこんなオブジェが壁に掛けられています。

2016-09-01 12.23.35

‘夢’

九州の人だなぁと思いました。

私も夢という字が好きで会社に飾っています。

ならまちには蕎麦店が他にも何軒かあります。

季のせや、玄なども蕎麦店として有名です。

奈良町情報館で受付をしていても、ランチに蕎麦とリクエストする観光客の方は非常に多いですね。

奈良町情報館からも約3分で行くことができます。

ならまち散策の折には、訪ねてみてください。

ならまちランチに吟松の蕎麦を食べに行きました。

メールマガジン「奈良・ならまちニュースレター」発行しています
有料メールマガジン「地域活性化のヒント」発行しています

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。