地域活性局

藤丸正明

真田丸41話入城の感想 味方を欺く信繁の戦略の意図は


今回の真田丸。新登場のキャストが増えましたね。

真田丸41話入城の感想を書きます。

img_7276

哀川翔扮する後藤又兵衛が登場。黒田如水に可愛がられた猛将です。

そして、白石隼也扮する木村長門守重成が登場。

岡本健一扮する毛利勝永が登場。大坂の陣で最も評価を上げた人物です。

そして、今井朋彦扮する大野治長がそれをまとめていきます。

真田丸41話はいよいよ総仕上げ大坂の陣に向けたキャストがそろい始めました。

スポンサードリンク

さて、家康は浪人の大阪入城を聞いて、信繁が大坂城に入場しないように指示しました。

信繁と梅(黒木華)の娘、すえ(恒松祐里)も無事に嫁ぐことがきまりました。

信之の息子の信吉(こう 長野里美の息子)と信政(いね 吉田洋の息子)がもめます。

兄の信吉が弱いので、弟の信政が攻めます。

この二人の関係はかなり複雑で、後に真田家に大きな災いをもたらします。

それは信之が亡くなった後の話になります。

しかし、稲は信之に自分の子供ではないが長男の信吉を跡取りに推薦します。

真田家はこのように女性の逸話が多いですね。

img_7277

一方の信繁は九度山を抜け出すために、地域の住民を宴会に誘い出します。

これは史実として残っている話で、明け方に武装して去ったといわれています。

しかし農民の協力があったのは事実で、信繁が好かれていた証拠です。

信繁の入城を聞いて家康は動揺します。

実は真田家は九度山の真田が入城したと宣伝しました。

それを聞いて家康は持っていた器を落としたという逸話があります。

img_7278

一方、信繁は老人に変装して入城します。

逸話では山伏姿だったそうです。

信繁は入城の際の名簿に幸村と記名しました。

ここからは幸村と紹介します。

秀頼に拝謁した幸村は兵糧の策などを献策します。

そして自分を大きく大きく見せようとしました。

信繁は自分の力を最大限に発揮できる環境つくりに躍起になります。

しかし隣にいた大野治長はいい顔をしませんでした。

 

真田丸41話入城では、いよいよ大坂城に入場し、徳川との対決に向かいます。

これから、大阪城に入場したほかの武将との関係が全面に出るでしょう。

スポンサードリンク
無名の名将幸村は自分が最大限に活躍できる土台作りが見ものです。

大坂の陣の最後は全員が幸村の元に力を結集しようとしていきます。

真田丸はまだ41話です。これからが見ものです。

真田丸は視聴率はなかなか好調のようですね。

私自身は真田丸視聴率100%です 笑 

大河ドラマを見るのは秀吉以来なので、とても久しぶりです。

 

そして、長澤まさみ扮するきりの活躍が際立ってきます。

幸村と春(松岡茉優)は年齢が離れているので、その間にきりが必要だったのですね。

真田丸のきりの立ち位置がやっと見えてきました。  

きりは真田家の子を産まなかったのか、ちょっとわかりません。

しかし、この当時は家の中で女性の地位はかなり曖昧でした。

そのうえでも、真田家は女性の役割が大きかったのだろうなと思います。

 

真田丸41話入城の感想を書きました。

再放送は22日土曜日13時5分からですね。

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。