地域活性局

藤丸正明

大河ドラマ井伊直虎第一話井伊谷の少女の感想・今川の強靭な力


大河ドラマ井伊直虎が始まりました。

女性の城主という稀有の人生を歩んだ井伊直虎。

一部では女性ではなかったというニュースもありました。

しかし、女性であることの方が話としては面白いですね。

大河ドラマ井伊直虎第一話の感想を書きます。

井伊直虎は静岡県西部遠江の人物

 

井伊直虎の話は静岡県西部の遠江国の話になります。

遠江はとおとうみと読みます。

その逆は近江・おうみ・ですね。

京都から見て、近い湖が琵琶湖・つまり近江です。

京都から見て、遠い方の湖が浜名湖・つまり遠江です。

スポンサードリンク

遠江は石高約30万石。

実は東海道沿いはそんなに豊かな石高を有していません。

遠江1国の兵隊を総動員しても実は7000人前後です。

その井伊家の領地は詳しくはわかりませんが、4万石もなかったでしょう。

動員兵力はおよそ1000人もいたかどうか。

そして井伊家は戦国時代以前の南北朝期は南朝方でした。

井伊家と今川家の因縁は戦国時代以前から

 

一方の今川家。

今川家は南北朝期は北朝の足利家の一族吉良家の分家です。

吉良家は足利家にもしものことがあった場合に将軍を出す家です。

南北朝時代は足利家の天下となって終わりました。

今川家はその足利体制の中で駿河・遠江両国つまり静岡県全域を支配下に置きます。

その領地は駿河・遠江に一部三河も加え70万石以上ありました。

動員兵力は約17500人以上です。

その体制下で、井伊家は今川家に従属せざるを得ない状況になりました。

スポンサードリンク

親戚一族が連帯して成り立っている時代

 

この当時、後の信長の時代とは違い、兵力とは一族家之子郎党です。

親子・親戚などが戦いに出かけます。

負ければ一族は男がいなくなり、その家族も奴隷になるような時代です。

1人問題が起これば、それは親族全員に漏れなく関係していきます。

大河ドラマ井伊直虎第一話の感想は今川家の強靭な力に苛まれる井伊家の姿でした。

井伊家は今川家の力の下で逼塞の時代を過ごしました。

 

立て直った井伊家と没落した今川家

 

しかし、井伊家は後に井伊直政という人物が登場します。

井伊家によくある可愛がられるタイプの人間でした。

やがて、井伊直政は徳川家康に拾われ・溺愛されます。

その結果、井伊家は譜代筆頭大名として明治を迎えます。

一方の今川家は今川義元の息子の氏真の頃に大名としては滅びます。

足利一門の今川家は、足利よりも源氏の血筋の良い武田家に滅ぼされました。

徳川家康に助けられた今川家

 

その後、源氏を名乗った徳川家。

家康は名家好きという病気があったといわれています。

今川氏真を拾って、高家と呼ばれる徳川家を支える家になります。

今川家は後に、徳川家に恐れ多いとして名前を今川から品川に変えます。

このように最終的には井伊家は今川家を凌いで今に至ります。

そのうえで、この時代にある背景が重要です。

応仁の乱後、足利家の地位が衰えたことで絶対の価値観のない時代が来ます。

その時代、勢力を伸ばす武将・大名も老年を迎え跡継ぎに不安を覚えます。

そんな時、反抗的な家来の粛清などは日常茶飯事でした。

実際に今川義元も幼い頃に家督争いで苦境になった時期がありました。

そんな時代背景です。

簡単に人を信用できない時代だったでしょう。

大河ドラマ井伊直虎第一話井伊谷の少女の感想は今川家の強靭な力でした。

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。