西郷どんの解説第5話武士社会における相撲の価値とは

西郷どん

藩主となり帰国した島津斉彬は相撲大会を興行します。

相撲大会に薩摩中の男子が猛ります。

西郷どんの解説第5話・・武士社会における相撲の価値を紹介します。

 

西郷どんの解説第5話吉之助と斉彬の再会

島津斉彬は先代斉興の重臣を引き続き重用することにします。

斉興時代の重臣の中には斉彬にかつて妨害を行ったものもいます。

吉之助は相撲で勝ち上がって斉彬に諌止することを決めます。

何かにかこつけて尊敬する人に思いを伝えたい吉之助の姿がそこにはありました。

スポンサードリンク

西郷どんの解説第5話斉彬が好きな久光

斉興とお由羅は斉彬をとても嫌います。

その斉興とお由羅は二人の子である久光に家督を継がせたかったようです。

しかし、その久光は斉彬のことをとても尊敬していました。

ここに島津一族のゆがみがあり、後まで影響します。

スポンサードリンク

西郷どんの解説第5話当時の日本人は相撲が大好きだった

島津斉彬は相撲大会を開催します。

日本人は古くから相撲が大好きですね。

織田信長は相撲大会で勝ち上がった人間を家来にしています。

関ケ原後の混乱期に土佐の国では相撲大会に驚くほど人が集まったそうです。

 

武士の社会は武力で保っています。

力が強いということは武士の絶対条件でした。

武士たちは日々鍛錬を重ねていました。

その鍛錬の成果を出すという意味でも相撲大会は盛り上がったでしょう。

 

 

また、藩主の勤めの一つに、武士の撫育というものがあります。

撫育とは可愛がって育てることを言います。

家来たちが強いことがその藩の力を結局は決めることになります。

また、若者はともすれば暴発することがあります。

若者の暴発を防ぐためにも定期的にガス抜きが必要になります。

日本各地で行われるお祭りはそのような側面もあります。

西郷どんの解説第5話武士社会における相撲の価値について紹介しました。

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。