子供会の仲間たちと通学路の蜂の巣退治

プライベート
スポンサードリンク

私の生まれた福岡県太宰府市。

1990年頃、まだ太宰府には活発な子供会がありました。

中でも私の所属していた五条1組は人材の宝庫でした。

子供会のメンバーで成し遂げた通学路の蜂退治を紹介します。

蜂に刺されて泣いていたN君

それはある土曜日の夕方だった。

私の実家の隣は護岸工事された御笠川が流れている。

その川沿いで子供会の1個下の友人のN君が泣いているのを見つけた。

「どうしたとや??」

どうやら足長蜂に刺されたらしい。

近くには蜂の巣らしきものはない。

その時は、それだけで終わった。

通学路は蜂の巣だらけだった

ちょうどそのころ、学校の通学路の帰りが暇だった。

なんでもやりたい年ごろの私は、友人達と川の護岸工事された部分に子供が歩ける部分を見つけた。

そこを通って帰ってみようというバカな思い付きを3人で始めた。

この子供が歩ける部分は途中途中に雨水が流れる穴が空いている。

面白おかしくここを歩いていると蜂が襲ってきた。

生存域の小さな3人の子供はびっくりして川に落ちた。

幸い下は土であり助かったが、登るのに苦労した。

そして登ろうとした時、蜂の巣を発見した。

蜂の巣は雨水が流れる小さな穴の中にあった。

学校の通学路は御笠川の整備された護岸の上。

その下の穴にはほとんどの確率で蜂の巣があった。

N君の仇討ちを計画する

私の学年は子供会では2名しかいなかった。

しかし、すぐ下には10人ほどの活きの良い男たちがいた。

N君が刺された蜂に仇討ちしてやろうと次の土曜日、集合をかけた。

集まってきたのは4人。

みんな思い思いの武器を持って集合した。

動きが雑でおっちょこちょいのF君は木の棒。

運動神経の良いT君はバット。

神主の子供で陽気なM君は笑顔。

私も棒・・。つまり、武器は棒しかない・・・。

穴の出口は川の絶壁から覗く他、道路側からも覗くことができる。

しかし棒はどれも短く、大して蜂の巣には届かなかった。

そこでT君がガリ勉A君に助けを求めに行った。

そう、A君の家にはウォーターガンが3つあった。

A君がウォーターガンを持ってきた時に、補給する水の問題に気付く。

そこで全員が一度、家に戻って魔法瓶を持ってくることになった。

ウォーターガンで蜂の巣を落とす

やっと準備が整い、運命の攻撃に移った。

しかしウォーターガンは水があまり入らない。

そこで、私の家に水を入れに行く当番を決めた。

選ばれたのはガリ勉のA君とM君も行くことになった。

私とT君は打ちまくる。

そしてF君が良い事に気づいた。

川に流れ込む溝の水を使えばもっと補給が楽になるのではないか。

その‘水’はきれいではない。

しかし、N君の仕返しという大義名分にガキどもは手段を択ばなかった。

その甲斐あって、4時間余りで400mある通学路の蜂の巣を残らず退治できた。

しかし、負傷者も出た。

おっちょこちょいなF君は水補給の途中で足長蜂に見事に刺された。

1人の負傷者を出しながらも、N君の仕返しと通学路の安全を確保した5人は満足して帰路についた。

スポンサードリンク

後日談・・・使えなくなったウォーターガンと魔法瓶

5人の満足感とは裏腹に失ったものは大きかった。

まずはウォーターガン。

汚い水を使っていたことで、銃口が詰まり、使えなくなった。

A君は親に怒られ、当分、一緒に遊べなくなった。

もう一つは魔法瓶。

これは私以外の全員がたぶん、使えなくなったと思う。

なぜなら汚い溝の水を使ったからだ。

そしてF君。

アイデアで5人の目的を強力にサポートしたのに蜂に刺された。

そして厳しい親に魔法瓶のこともバレて怒られた。

 

そして、この蜂退治には肝心のN君は来なかった・・・。

 

子供会という場所

子供会はとても楽しかった。

蜂の巣退治以外にもいろんなことをやった。

そんな子供会は、次の夏のソフトボール大会で全勝した。

私は学校などでリーダーになったことはなかった。

しかし、子供会ではリーダーに押し上げてもらっていた。

あのささやかな体験が、かろうじて今の自分の立ち位置を支えているように思います。

子供会の仲間たちと通学路の蜂の巣を退治した話でした。

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。