せごどん23話の感想まとめ・精忠組の滅亡と新しい仲間達

歴史 西郷どん
スポンサードリンク

仲間を止めるのに必死な吉之助は独断で下関から京へ向かいます。

しかし、それは主君久光への背信行為でした。

吉之助とその仲間たちの悲劇の一幕です。

せごどん23話の感想まとめ・・誠忠組の滅亡と新しい仲間たちを紹介します。

せごどん23話の感想まとめ・・・吉之助の名声

吉之助は京で各藩の指導者と会います。

土州藩士吉村寅太郎・長州藩士久坂玄瑞。

吉之助の目的は湧き上がる空気を止めることでした。

一方、諸藩の指導者は吉之助の名声を知っており、会いたがっていたんですね。

一蔵が来て、主君久光からの切腹の命令を伝えます。

正助は自分の脇差を吉之助の首元にあてて話し合いました。

せごどん23話の感想まとめ・・キセルを噛み怒りを表した久光

京で諸藩に人気の吉之助を久光は快く思いません。

久光は銀製のキセルを噛んで後を付けました。

せごどん23話の感想まとめ・・仲間たちとの束の間の時間

腹をすかせた一同は吉之助の提案に乗って川に向かいます。

そしてうなぎを取って食べます。

仲間とスポーツをする感じですね。

九州は昔から自然災害が多く若者は大事な労働力です。

仲間の提案にみんなで動く。

良い時の九州の組織の風景でしょうか。

せごどん23話の感想まとめ・・久光上洛

島津久光は1000名の兵を率いて上洛(京へ)します。

吉之助は久光の前に引き出されます。

しかし、小松帯刀の助言で間一髪のところで助かります。

小松帯刀は薩摩藩の重役であり、さわやかな若者だったと言われています。

小松は後に正助と吉之助を最大限に助けて藩政を動かします。

せごどん23話の感想まとめ・・島送りへ

久光は吉之助と村田新八を島送りにします。

村田新八は後に政府首班となった大久保利通が後継者に指名しようとしたほどの人物です。

村田新八もこれ以降、吉之助と共に活躍していくようになります。

せごどん23話の感想まとめ・・朝廷に踊らされる久光

朝廷の首脳、近衛忠房は久光に京の浪士を成敗するように頼みます。

この浪士というのは藩に所属しない人を指します。

浪士たちは久光に期待をして京に集まっていました。

しかし、久光は朝廷からの意向に舞い上がり浪士を成敗始めます。

すると、浪士たちは有馬新七を中心に結束し寺田屋に集合します。

そして、1862年4月13日、事件が起こります。

スポンサードリンク

せごどん23話の感想まとめ・・舞い上がった久光と一蔵のしたたかさ

天子さま(天皇)からお言葉があった久光は舞い上がります。

有馬新七派は寺田屋に集まります。

大山格之介が寺田屋に派遣されます。

そこで有馬新七と格之介が話し合いをしますが、決裂します。

そして大山格之介は有馬新七派を粛清しました。

一蔵にとって、大山格之介も有馬新七も仲間です。

しかし、一蔵の目的は仲間の命ではなく日本を変えることです。

一蔵は仲間を見捨て自分の地位を守ります。

しかし、その強かな動きが後に日本を築くことになります。

西郷どんでは吉之助を中心に描かれています。

しかし、この寺田屋の変前後から、薩摩の主役は一蔵に代わっていたと言えるでしょう。

これから一蔵の大躍進が始まります。

そして一蔵は再び心友の吉之助を呼び戻すのでした。

せごどん23話の感想まとめ・・誠忠組の滅亡と新しい仲間たちを紹介しました。

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。