せごどん44回の解説・吉之助と一蔵が後継者指名した人物

歴史 西郷どん
スポンサードリンク

吉之助と共に桐野利秋などは薩摩に退去して帰りました。
一方の大久保は内務省を設立して着々と実務を進めます。

せごどん44回の解説感想・・吉之助と一蔵が後継者指名した人物とは

せごどん44回の解説感想・・村田と川路の帰国

欧米視察から帰国した村田新八と川路利良。
警察を学んできた川路は政府に残るつもりでした。
しかし、村田新八は吉之助と大久保の間に揺れます・・。

せごどん44回の解説感想・・岩倉が襲撃される

岩倉具視が土佐藩関係者に襲撃されます。
征韓論にて板垣や後藤など土佐関係の閣僚が政府を去った意趣返しのように世間には取られます。

せごどん44回の解説感想・・江藤新平の挙兵

江藤新平が佐賀の乱を起こしますが、大久保にあっという間に鎮圧されました。

江藤新平は薩摩に逃れ吉之助を頼ろうとします。
江藤は吉之助に決起を促しますが、吉之助にはそんな気はありませんでした。
江藤は土佐で捕まり、佐賀に連れ戻され、裁判にかけられて処刑になりました。

せごどん44回の解説感想・・大久保の二人の妻

大久保が薩摩の家族を呼び寄せました。
そのことで、大久保の妻が二人、東京に揃うことになりました。
大久保はその後も二人の妻と仲良くやっていくことになります。

スポンサードリンク

せごどん44回の解説感想・・壮士を抑えることに難渋する吉之助

薩摩では壮士たちが政府何するものぞと息巻いています。
それを抑えるために吉之助は難渋します。

そこに村田新八が戻ってきます。
吉之助は私学校を作る構想を作っていました。

それを村田新八が手伝うことになりました。
私学校では軍事を教えます。
私学校はやがて薩摩を代表する団体になっていきます。
そしてそれが吉之助の政治勢力・軍事力として世間に移り始めます。

せごどん44回の解説感想・・吉之助と一蔵が後継者指名した村田新八

帰国した村田新八。

一蔵はその村田を後継者指名しようとしていたと言われています。
しかし、村田は一蔵には挨拶をしただけで薩摩に帰ってしまいます。

一方の吉之助。
吉之助も村田を非常に大事に思っていました。
村田はそんな二人の先輩のうち、吉之助と歩む人生を選択しました。

 

薩摩藩士は孤独を恐れます。
その薩摩藩士は西郷党と呼ばれるほど吉之助を精神的主柱にしていました。
村田はその薩摩藩士の和から外れることを潔しとしませんでした。

村田はやがて、西南戦争で敗れて、人生を終わらせます。
村田がどんな人物だったのかは経歴からは読み取れません。
政府に残り大久保の後継者となっていれば、伊藤博文も大隈重信もその後光を観なかったかもしれないですね。
それほど大久保にとっては大事な後継者だったと言われています。

せごどん44回の解説感想・・吉之助と一蔵が後継者指名した人物について紹介しました。

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。