地域活性局

藤丸正明

視察 ( 3 )

Category

京都愛宕山の神社に炎上防止のお札をいただきに千日参り登山へ。

2016年7月31日。 京都にある愛宕山には千日参りで多くの人が押し寄せました。 千日参りとは7月31日から8月1日未明にかけてお参りすることをいいます。 この日にお参りすると1000日分の功徳がある...
2250 views

大分県佐伯市に観光と寿司を食べに行きました

大分県佐伯市。大分県最南端の自治体です。 佐伯市は名古屋出身の毛利高政によってつくられた佐伯藩の城下町です。 佐伯藩は表高2万3千石。戦国末期の豊臣政権の動員令を参照すると、1万石で300人。 都合7...
1373 views

湯布院の話

日本のまちづくりの走りと言えば、湯布院をいつも思い浮かべます。 1971年に町のおもだった人が50日間、ヨーロッパを視察に回り、そこで得たヒントが今にも息づいています。 私は実は結構、湯布院と関係が深...
1235 views

内堀と外堀を持った奈良の重要文化財・中家住宅

今年、最も著名になる内堀・外堀は確実に大河ドラマ「真田丸」の大阪城の場面だと思います。 この、堀を構えるという発想は、実は奈良発なんじゃないかと私は思っています。 ちなみに、奈良時代、奈良には2000...
2393 views

武雄で過ごした3日間

高校を卒業した後、大阪の服飾の専門学校に進学しました。 いつかはフランスで服飾の仕事がしたい。 そう思って高校2年生から日仏学館に通いフランス語を勉強しました。 しかし、服飾の専門学校は実質2か月ぐら...
664 views

戦国時代の地域性と戦国大名

大河ドラマを待ちわびている今日この頃です。 ブログの名前は地域活性化のヒントと銘打っています。 日本全国を回りながら活性化のヒントを探すためのブログです。 今回は戦国時代の地域性と戦国大名を紹介します...
1319 views

真田丸の登場人物 石田三成について

第15話まで進んだ真田丸。 これからしばらくキーになる人物に石田三成がいます。 石田三成は滋賀県北部の長浜市にほど近い在所の小豪族の次男です。 この時代、国人と呼ばれ、小さな在地領主が地域を支配してい...
885 views

真田信繁の軌跡を探しに大坂の茶臼山に行きました

茶臼山。日本地図を見ているとたまに見かける山の名前ですね。 茶臼とはお茶を引く臼を指します。 形は台形のようなといえばよい感じでしょうか。 この茶臼山。古墳らしいという説があり、何でも埴輪などが出てき...
713 views

大坂の新世界で遊ぶのはスマートボールがおすすめです。大阪のレアな遊び場を紹介します。

大阪といえば商人の町ですね。 梅田の繁華街。 本町・船場のオフィス街。 難波の繁華街。 そして天王寺のあべのハルカスにこてこての新世界があります。 新世界とは通天閣の界隈で、主なスポットはこの通天閣と...
1515 views