地域活性局

藤丸正明

真田丸の登場人物 武田勝頼について

NHK大河ドラマ「真田丸」の初回に登場した武田勝頼を紹介します。
書いてみると非常に長かったため、前半、後半の2つに分けています。

スポンサードリンク

武田勝頼は武田信玄の4男。長男義信は武勇抜群だったと言われているのですが、信玄との不和等により29歳で逝去してます。
2男の海野信親は盲目だったと言われており、3男信之は早逝したため、跡を継ぎます。

平安時代以来の名門武田家は結局は勝頼の代で滅んでしまいます。

携帯 544

しかしその一方で、勝頼の器量は十分であったと言われており一定の評価があります。

父信玄は奇跡的な力を発揮し時代を作り上げました。
その常勝武田軍団を引き継いで四方近隣の敵と戦っていくことは至難の技だったでしょう。

武田家には信玄が手元で育てた優秀な武将たちが多く、近隣に響いていました。
馬場信春・山県昌景・内藤昌豊・高坂昌信の4名は特に武田四天王と言われていたそうです。
日本人は四天王とか3人衆とかそういった表現が好きですね。7本槍などなど男性的なグループ名の強さを感じます。
そんな家臣団もありながら、なぜ勝頼は武田家を滅ぼしてしまったのでしょうか。

スポンサードリンク

勝頼には信玄の遺言がありました。

信玄の遺言は、勝頼は3年間は信玄の逝去を秘匿し勝頼の長男信勝を当主として後見するように。
ということだったそうです。
しかし、勝頼は自信家だったようで、その遺言を無視し、当主となります。
勝頼の妻は龍勝院といい、岐阜の豪族遠山直廉の娘で織田信長の養女です。

信長は信玄に対してはこびへつらった外交を展開していました。
その信長は信玄には度重なる圧迫を受けていました。
信玄の死後、水を得た魚のように近隣を征服し始めます。

当時の世の中の印象では、武田の騎馬隊にはとても敵わないと言われていたそうです。
信長の織田軍は軟弱で響いていました。
信長もそれは心得ており常に相手を圧倒する人数を揃えて洪水のようにして戦いに勝ってきました。

スポンサードリンク

信玄の死後、すぐに三河北部の武将たちが家康に寝返ります。
地理的にも勝頼のいる山梨県甲府市よりも家康の本拠である静岡県浜松市の方が近かったということもあったでしょう。
しかし、それ以上に、天才 信玄の死は武田家に身を寄せる多くの人を不安にさせたでしょう。

寝返った武将を倒すために三河に押し寄せ、織田・徳川連合軍と戦います。
それが長篠の戦いになります。

この時、最強と呼ばれた武田家の戦力は総崩れしてしまいました。

ここから、勝頼の正念場が始まります。武田家滅亡まで7年・・・

後半に続きます。

 

メールマガジン「奈良・ならまちニュースレター」発行しています

有料メールマガジン「地域活性化のヒント」発行しています

LEAVE A REPLY

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。