地域活性局

藤丸正明

真田丸の大坂の陣で豊臣方の料理人の大角与左衛門は裏切者だった


今回は真田丸でも良く登場する大角与左衛門の裏切りについて紹介します。

img_8080

大坂の陣。

戦国最後の戦いは前覇者の豊臣家と現覇者の徳川家。

戦国時代最後のサドンデスは人間関係が錯綜した非常に難しい戦いでした。

豊臣秀頼。彼の正室は千姫。これは徳川秀忠の娘です。家康の孫。

秀頼の母の茶々(淀君)と徳川秀忠の妻江は姉妹。

秀頼の後見人だった徳川家康。

もう人間関係錯綜しすぎています。

そして、茶々は前前覇者である織田家ゆかりの人物。

茶々の母は織田信長の妹のお市の方。

茶々はよって立つプライドは織田家の人間であることと秀頼の母であることです。

そんな複雑な関係を利用した裏切者が多数、豊臣方には存在しました。

まずは織田有楽斎。

茶々の叔父という立場を利用して徳川家に情報を送ります。

次に青木一重。

譜代だった彼は茶々から部下のことに口出しをされて、豊臣家を見限ろうとします。

伊東長次。

彼は関ケ原前から徳川家康に内通していました。

スポンサードリンク

そして大角与左衛門。

大角与左衛門とは豊臣家の台所の料理番です。

真田丸でも何度も登場するこの大角与左衛門。

この大角与左衛門も実は内通者で裏切者でした。

img_8081

大角与左衛門。wikipedhiaで調べても出てこない名前ですね。

大角与左衛門がwikipedhiaにも出てこない理由。それはマイナーだからでしょう・・・。

 

人の出入りする場所の人物はスパイにうってつけです。

くから家康の手が伸びていたのでしょう。

 

彼は料理番として情報を集めるスパイです。

家康の目の付け所・・・。

料理番の大角与左衛門が裏切り者のスパイ。

それは実は大坂の陣最後の夏の陣の終了の1日前までわかりませんでした。

台所は多くの人や物が出入りします。

大角与左衛門はその地位を充分に活かして情報を集めたでしょう。

真田幸村は与左衛門の内通を知っていたという設定になっています。

しかし、疑うという意味でいうと、真田幸村も疑われていました。

実際に徳川方には兄や甥などがいます。

幸村にはそれを告発する権限や権利が微妙だったのでしょう。

 

真田丸49話前夜の感想幸村ときりの前夜

 

真田丸では裏切者の描写が絶妙です。

そんな真田丸の裏切者でも織田有楽斎と大角与左衛門は別格な扱いです。

大角与左衛門の裏切りは大坂夏の陣最後の1日前です。

大坂夏の陣は厳密には3日間で終わります。

1日目は河内・若江・国分の戦いで後藤又兵衛・木村重成戦死。

2日目は真田幸村天王寺の戦い後に討ち死に。

3日目に大坂城天守閣裏の山里郭で秀頼自決。

スポンサードリンク

大角与左衛門の裏切りは2日目です。

真田幸村の戦死後に大坂城に殺到する徳川方。

その徳川方の殺到に合わせて、調理場に火をかけます。

これが大角与左衛門の裏切りです。

真田丸最終回の感想家康に何度も勝ちながらも勝者になれない理由

大角与左衛門は手元に兵隊も持たないために、限界ギリギリの段階で裏切ります。

この時、同じくして、青木一重や伊藤長次も裏切ります。

しかし、この3人も最後のぎりぎりの段階での裏切りでした。

やはり本当は豊臣家が安泰で仕え続けたかったでしょう。

真田丸の料理番の大角与左衛門は裏切者でした。

大角与左衛門はwikipedhiaにも載っていません。

しかし、今回の真田丸でだいぶ著名になりました。

 

合わせてこちらも紹介します。

大坂冬の陣で徳川家康は真田幸村に山城国で負けていた

徳川家康の大坂冬の陣和睦交渉が偽りだった証拠があった

大坂の陣の和睦交渉・影響があった内通者がばかりの3つの理由

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。