せごどんの解説感想12話まとめ・篤姫が選ばれた本当の理由

西郷どん
スポンサードリンク

篤姫は江戸に来て2年立ちましたが、輿入れがまだ定まりません。

そこには将軍家の事情がありました。

せごどんの解説と感想12話のまとめ・篤姫が選ばれた本当に理由について紹介します。

せごどんの解説と感想12話のまとめ・・吉之助と幾島の工作

近衛家から篤姫の輿入れの手伝いに来ている幾島。

幾島は島津斉彬に江戸城大奥への工作を献策し採用されます。

幾島は吉之助と共に工作を進め妓楼磯田屋で情報収集に当たります。

吉之助は本来下戸ですが酒宴を盛り上げます。

 

せごどんの解説と感想12話まとめ・・・江戸城大奥

江戸城の大奥。

そこは江戸城内の女性を仕切ります。

そこに徳川家定の生母本寿院がいます。

幾島は沢山の貢ぎ物を行い、本寿院に大変喜ばれます。

せごどんの解説と感想12話まとめ・・家定に篤姫が選ばれた本当の理由

本寿院と家定は健康的で長生きする人を求めます。

実は家定は篤姫の前に2名も奥さんに先立たれています。

そんな家定は長生きしてもらえる伴侶が欲しいと思っていました。

そして健康な篤姫が選ばれました。

島津斉彬は篤姫に茶の湯でもてなします。

そこで、徳川家定が病弱なことと次期将軍に一橋慶喜を家定が推するように導くように伝えます。

篤姫はこれまでの礼を斉彬に伝えます。

 

せごどんの解説と感想12話のまとめ・・・日本史の変革はいつも大地震と隣り合わせ

将軍後継者問題で諸大名が真っ二つに割れていました。

そこに安政の大地震が起こります。

吉之助は篤姫を助けに行き、間一髪で柱の倒壊から篤姫を守りました。

そこで篤姫はすべてから逃げ出したいと本音を漏らしました。

安政年間は地震の連続でした。

日本の歴史はいつも地震と隣り合わせです。

これは歴史はいうに及ばず、今もそうですね。

スポンサードリンク

せごどんの解説と感想12話のまとめ・・・鹿児島で試行錯誤する大久保利通

一方、国許の鹿児島では大久保利通が試行錯誤します。

島津斉彬の後継者は島津久光が目されていました。

その久光に大久保利通は接近してパイプを作ろうと努力します。

江戸で政略の渦の中の吉之助は理想高き島津斉彬の薫陶を受けます。

しかし、大久保利通は苦労の中で一歩ずつ自分の形を作っていきます。

やがて、大久保利通は理想が崩れて絶望する最後を自分の形の中に取り込んで明治維新を作り上げます。

 

せごどんの解説と感想12話のまとめ・・・篤姫が選ばれた本当の理由について紹介しました。

せごどん解説感想13話まとめ・西郷大久保バッテリー結成

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。