せごどん解説感想13話まとめ・西郷大久保バッテリー結成

感想 西郷どん
スポンサードリンク

地震で破損した婚礼道具を吉之助が整えました。

せごどんの解説と感想13話まとめ・西郷大久保バッテリー結成を紹介します。

せごどんの解説と感想13話まとめ・・殖産興業に夢中だった斉彬

篤姫の婚礼が済み、斉彬は吉之助と祝杯をあげます。

鹿児島の集成館で作った薩摩切子のグラスが出てきました。

今回は斉彬の殖産興業のシーンが多かったですね。

せごどんの解説と感想13話まとめ・・・吉之助と月照の出会い

斉彬は帰国途中に吉之助を連れて京都の近衛邸を訪ねます。

そこで吉之助と後に命運を共にする清水寺の僧侶月照に出会います。

斉彬は近衛忠煕と月照に一橋慶喜の将軍就任の詔の下相談をしました。

せごどんの解説と感想13話まとめ・・・正助の結婚

大久保正助利通は国許で島津久光の歓心を買うために囲碁を勉強しています。

そこに吉之助が帰国し、貧窮に喘ぐ西郷家が沸き上がります。

旧知の仲間が集まって宴会が始まります。

江戸での吉之助の活躍は鹿児島まで聞こえていました。

しかし吉之助は斉彬の側に仕える身で質問などに答えることができません。

大久保正助は妻を娶ることになったことを皆に報告します。

相手は上司筋の娘ます。

せごどんの解説と感想13話まとめ・・政治的急変

斉彬には男児哲丸が誕生しますが、阿部正弘の急死が鹿児島に伝わります。

斉彬の政治的支柱だった阿部の死は斉彬とって打撃でした。

斉彬は再び、吉之助に江戸での手伝いを命じました。

吉之助は正助を江戸に連れていきたいと請い、途中までの同行を認められました。

吉之助は同行を正助に伝えますが、正助は恩着せがましくされたと激怒します。

二人は喧嘩別れをします。

正助は江戸に向かった吉之助を追うようにますから言われます。

正助は我に返り、吉之助を追っかけます。

すると、鹿児島に引き返す吉之助に会います。

吉之助は正助を迎えに戻ってきていました。

スポンサードリンク

せごどんの解説と感想13話まとめ・・・西郷大久保バッテリー

西郷は島津斉彬の引き立てによって大久保に先駆けて経験を積んでいきます。

一方の大久保は先に挫折を味わって社会に出ます。

西郷はその後、斉彬の逝去と共に挫折を味わいます。

一方の大久保は次期藩主候補島津久光に取り入って、引き立てられます。

そして大久保はその力で西郷を再び舞台に引き戻します。

西郷が鹿児島にいるときは大久保は江戸か京に。

大久保が鹿児島にいるときは西郷が江戸か京に。

二人は絶えず、バッテリーのように配球の相談をしながら社会に挑戦します。

二人は時に投手になり、時に捕手になり、社会を変えていきます。

大久保が社会に出たことで、二人はバッテリーを結成したと言えるでしょう。

せごどん14話は慶喜の本気です。

こちらも楽しみですね。

せごどんの解説感想13話まとめ・・・西郷大久保バッテリー結成を紹介しました。

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。