せごどんの解説と感想15話・・吉之助が斉彬から得たもの

歴史 西郷どん
スポンサードリンク

一橋慶喜が将軍宣言をします。

しかし、そこには大いなる誤算が動きました。

せごどんの解説と感想15話・・吉之助が斉彬から得たものとは

せごどんの解説と感想15話・・大老に就任した井伊直弼

徳川家定は持病の脚気が悪化して床に臥せます。

井伊直弼は人を下がらせて家定から遺言を受け取りました。

そして井伊は幕府最高権力者執政の大老となり、次代将軍を紀州藩主徳川慶福としました。

阿部正弘と島津斉彬が推していた一橋慶喜擁立は瓦解しました。

せごどんの解説と感想15話・・挫折した薩摩藩

吉之助は薩摩に戻り島津斉彬に報告します。

斉彬は心が砕けますが、まだ諦めません。

そして、吉之助はお庭役の役目を解かれました。

せごどんの解説と感想15話・・一蔵に励まされる吉之助

絶望に陥った吉之助を大久保一蔵が励まします。

一蔵は先に父の事で大きな挫折を味わっています。

その強さが挫折を味わっった吉之助の心を助けます。

せごどんの解説と感想15話・・・弱者にやさしい薩摩の国

吉之助は実家に戻り、同じ地区(郷中)の後輩たちと過ごします。

薩摩は昔から弱者にやさしい地域性で、吉之助はここで再生を誓います。

斉彬にもまた、薩摩の国でイチから再起を誓います。

吉之助は斉彬に京に兵を進め朝廷を動かすべく進言します。

せごどんの解説と感想15話・・・京で躍動する吉之助

吉之助は斉彬の命令で京に上り、定宿の鍵屋で活動を開始します

江戸から有村俊斎が駆けつけました。

しかし、時を同じく、斉彬は軍事演習中に世を去りました。

スポンサードリンク

せごどんの解説と感想15話・・吉之助が斉彬から得たもの

江戸時代きっての名君ともいわれる島津斉彬。

その眩しすぎる姿は吉之助の人生に非常に大きな影響を与えたでしょう。

尊敬する人が着実に物事を進めていく。

その姿に吉之助もやればできるのではないかという考えを持つ良いお手本になったでしょう。

その一方で、島津斉彬は晩年に挫折します。

それも人生最大の挫折でした。

その姿を見た吉之助は少なからず感傷的な自分を作ってしまったでしょう。

幕末の活躍と西南戦争による瓦解は吉之助と斉彬の関係を物語っているように思います。

人は自分を確立するまでに多くの人に出会い、自分というものを作るでしょう。

そんな吉之助の隣で、明治日本政府を作り上げた大久保利通がいます。

大久保利通もまた、斉彬から得たものがあったでしょう。

せごどんの解説と感想15話・・吉之助が斉彬から得たものを紹介しました。

 

せごどんの解説15話・・薩摩が幕末に主導権を握れた理由

スポンサードリンク

せごどんの解説15話・薩摩が幕末の主導権を握れた理由

 

一橋慶喜が将軍就任を嫌がった理由とは

せごどん14話の解説・・一橋が将軍を嫌がった本当の理由

 

江戸幕府の大名の序列について

せごどん解説感想14話まとめ・・幕府の大名の序列紹介

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。