地域活性局

藤丸正明

真田丸35話犬伏のあらすじと感想 別れが一族の存続となる切ない話

徳川家康が上杉征伐に向かった留守中に石田三成が挙兵します。

真田丸35話犬伏のあらすじと感想を書きます。

徳川か石田か。

image

徳川家でももめごとが見えてきました。

徳川秀忠は家康に本多正信をつけられたことを嫌がります。

石田三成と大谷吉継が美濃の垂井で会います。

吉継はすでに重病でした。

三成に何度も翻意を促しましたが、結局は三成の旗揚げに吉継も参加します。

在坂の諸将はほぼ三成に付きますが、その半数は裏切工作をします。

小早川秀秋・増田長盛・吉川広家・脇坂安治は積極的に、消極的な裏切者は山の様にいました。

 

大坂の石田が西軍、江戸の徳川が東軍。

三成は諸将が豊臣家に出している人質を抑えます。

しかし、細川忠興の嫁、玉(ガラシャ)は自害します。

忠興は嫁の玉が好きすぎて人に見せるのを極度に嫌がりました。

大坂を離れるにあたり、人質にされそうになれば自害を選べと指示しました。

家康に三成の挙兵の方が届いたのは栃木県小山。

昌幸・信幸・信繁は佐野の犬伏でこの情報に対応するための協議をします。

昌幸は、これを機に信州・甲斐を制圧して亡き恩師武田信玄の領地を回復したい。

スポンサードリンク

昌幸と信繁は豊臣に付きます。

信幸は徳川方に付きます。

どちらが勝っても負けても真田家が生き残る作戦です。

真田家はローリスクを選びました。

真田は切っても切れない。サナダムシはここから取られた名前と言われています。

スポンサードリンク

 

真田丸35話のあらすじを書きました。続いて感想を書きます。

昌幸は激動の時代を乗り切って豊臣政権に残りました。

今度は関ケ原の戦い。

真田は小さい大名です。生き残るのは至難の技です。

父と弟は西へ、兄は東に付きます。

 

信幸は偉いですね。

真田丸35話犬伏の感想。

35話の感想に限らず、真田家はこの信幸の才覚で生き残ることができたと思います。

長男が家を守り、父(3男)と弟は冒険をします。

真田丸35話のあらすじと感想を書きました。

第36話は勝負という題でした。楽しみですね。

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。