大河ドラマおんな城主直虎42回の感想・日常を評価する家康の話

井伊直虎 感想

織田・徳川連合軍と武田軍。

両軍の準備が進み、いよいよ長篠の戦いへ進みます。

大河ドラマおんな城主直虎42回の感想を書きます。

徳川信康と織田信長

織田信長が設ヶ原まで来ていると聞いて徳川信康が応対します。

徳川信康の妻は信長の娘ご徳なので、織田信長と徳川信康は義理の親子になります。

 

信長の圧倒的な存在感と作戦に徳川方は圧倒されます。

徳川の家臣達は信長に自領を荒らされているような印象を持ち腹を立てます。

徳川信康には重臣石川数正が付いて、西三河の旗頭を担っています。

西三河を信長に好きに行動されて、家康の家来たちはその責任者の石川数正を詰ります。

石川数正とはこんな人物

松本城の築城者石川数正は松本城築城に全霊をかけた

実際は徳川家康は織田家の高慢さに耐えるように日常から家来を諭したそうです。

織田家は徳川にとって圧倒的な存在でした。

スポンサードリンク

織田徳川連合軍対武田勝頼の決戦!長篠の戦い

設楽ヶ原の鉄砲の柵は完成します。

それに合わせて徳川別動隊が武田勝頼軍を攻撃します。

武田勝頼は設楽ヶ原に攻め込みますが、鉄砲に惨敗します。

 

 

長篠の戦いについてはこちら

長篠の戦いの真実・簡単に騙された勝頼と火縄銃の三段撃ちについて

 

日本一(ひのもといち)の留守居を目指す万千代

長篠の戦いに出陣できなかった万千代はいじけます。

草履番をする万千代は靴箱に名前を入れます。

すると、今度は槍の手入れを酒井一門の先輩小五郎から頼まれます。

この酒井一門の小五郎とは、おそらく酒井忠次の息子、家次でしょう。

酒井家次は後に徳川家康の凄まじい逸話の主人公の1人になります。

 

徳川家康と酒井家次の凄まじい逸話はこちら

徳川家康が天下を取ることができた6つの理由

スポンサードリンク

武器庫の手入れを行う万千代

そこへ、長篠の戦いの大将の知らせが来ます。

その武器の手入れの手柄を酒井一門の先輩小五郎に横取りされて激昂します。

ここには、井伊家の存在の徳川家における軽さを見せつけられています。

今川の家来でつぶれた家の井伊家。

それを逆手に取るようにノブからいわれました。

大河ドラマおんな城主直虎42回の感想・日常を評価する家康の話

榊原康政を通じて、凱旋した徳川家康から万千代は寝所に呼ばれます。

万千代は徳川家康の衆道の相手になると覚悟を決めていきます。

しかし、家康にはそんな趣味はなかったといわれています。

家康からは弓や槍の手入れを褒めら、涙を流します。

捨て身の奉公の姿勢は苦労人の家康を感動させたでしょう。

徳川家康は常日頃の行為についてよく見ている人物でした。

徳川家康にはその手の逸話がいくらでもあります。

大河ドラマおんな城主直虎42回の感想は日常を評価する家康に感動する万千代でした。

真田丸・おんな城主直虎に登場の本多忠勝とその逸話を紹介します

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。