おんな城主直虎46話の解説と感想・信康事件の本当の原因

井伊直虎 感想

 

信康事件・・・。

徳川信康の謀反を織田信長から指摘された徳川家康。

おんな城主直虎46話悪女の解説と感想・・・信康事件の原因

直虎46話・・・家康が信康を救うために考えた作戦

徳川家康は信康を大高城へ監禁し、堀江城→二股城と移動させます。

家康は信長に信康の助命歎願のために策を練ります。

北条と結び武田を孤立させる作戦を遂行します。

今川氏真を北条同盟の担当にします。

酒井忠次は安土で明智光秀へ信康軟禁を報告します。

しかし明智は斬れという指示を繰り返します。

直虎46話・・・瀬名が信康を救うために考えた案

悪女瀬名は石川数正にあるお願いをします。

家康に瀬名と石川数正が行方不明になった報告が入ります。

同時に瀬名が武田と通じた証拠が出てきます。

瀬名は井伊谷で直虎に会っていると万千代と万福が来ました。

万千代と万福は直虎に家康の指示を伝えます。

井伊谷に瀬名と石川数正は匿まうように。と。

しかし、瀬名は家康の指示を断ります。

瀬名は石川数正と別れ追っ手に自ら捕まります。

そして殺されました。

瀬名は自分が武田と通じたとして死ぬことで信康を助けようとしました。

家康は瀬名の首を持って安土に参上します。

その首で家康は信長に許しを請いました。

しかし、それでは許されませんでした。

結局、信康は切腹し、信康事件は終わりました。

スポンサードリンク

 

自暴自棄は家康を万千代が説得する

万千代は自室にこもった家康に話をかけます。

家康は周りのいうことを聞いてこの結果になったと怒ります。

これからは自分が全部決めると言います。

万千代は自分が昔教えられたことを家康に進言します。

負け戦になれば、その理由を確かめる。

次に勝つために。

負けた意味は次に勝つためにある。と。

その後、家康は岡崎の鎮静化を図り、本多忠勝に指令を出します。

 

おんな城主直虎46話の解説と感想・・信康事件の原因とは

徳川家康はなぜ瀬名と別居していたのでしょうか。

 

徳川家康はバランス力に富んだ人物です。

 

家康は最強武田信玄との戦いの中で無理を重ねました。

手に入れた領土を武田から守るために三河と遠江の経営に苦心します。

武田信玄には何度も家臣を調略されます。

それに耐えた結果、長篠の戦いで武田勢を木端微塵にすることに成功します。

しかし、その大勝の裏で緊張感が解けたように信康事件が起こります。

スポンサードリンク

 

おんな城主直虎46話の感想と解説

信康事件は私は徳川家が後に作り出した創作だと思います。

信康事件の真相はまだまだ確実な証拠はありません。

しかしその原因は弱小徳川家康が最強武田と対峙したことです。

無理に無理を重ねて生き残った徳川家に降りかかった代償でしょう。

実に3倍以上の武田と戦うために無理を重ねます。

その無理が後遺症のように襲ってきたのでしょう。

遠江を守るために家康は三河の守りは信康に任せました。

この役割分担が対武田の緊張感がなくなった時にいがみ合ったんですね。

 

 

おんな城主直虎46話の解説と感想でした。

おんな城主直虎47話は「決戦は高天神」です。

直虎47話も楽しみですね。

 

徳川信康についてはこちら

徳川信康の能力や母・妻・子孫と信康事件の真相

 

石川数正についてはこちら

松本城の築城者石川数正は松本城築城に全霊をかけた

 

おんな城主直虎の解説や感想をまとめました

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。