Page 34

真田幸村と真田信繁の名前の由来

真田幸村と真田信繁の名前の由来
スポンサードリンク 真田幸村。 大河ドラマ真田丸も大好評でした。 真田幸村と真田信繁の名前の由来と違いは何でしょうか。 真田幸村と真田信繁の名前の由来を紹介します。 正式には真田幸村と真田信繁のどっち!? 大河ドラマ真田丸の中では「源二郎」でした。 一方で、有名な名前は真田幸村ですね。 しかし彼は生前に自ら幸村と署名し...
1664 views

大谷吉継の病気と首や子孫と名言・逸話や真田丸について

大谷吉継の病気と首や子孫と名言・逸話や真田丸について
大河ドラマ真田丸の主人公真田幸村の義父大谷吉継。 病気が原因で人生を急いだ感がある大谷吉継。 大谷吉嗣の病気や首や子孫と名言・逸話や真田丸について紹介します。   大谷吉継と真田丸の主人公真田幸村の関係?! 真田昌幸は豊臣と徳川両者と関係強化を行います。 長男信幸には徳川家重臣の本多忠勝の娘を迎えます。 幸村...
23500 views

真田丸14話大坂の感想の感想を書きました

真田丸14話大坂の感想の感想を書きました
上杉景勝と信繁は連れだって大坂に行きます。 ただし、実際は信繁は昌幸の意向で単独で大坂に行き、景勝の怒りをかったそうです。 今回は上杉景勝という人物を徹底的に実話と変えることで真田丸の進行をわかりやすくしています。 重臣石川数正の出奔は徳川家に衝撃を与えました。石川数正は歴戦の勇士であり、そしてこの当時、徳川家の事実上...
1852 views

大河ドラマ真田丸 六文銭と赤備えの話

大河ドラマ真田丸 六文銭と赤備えの話
真田家の家紋と言えば、六文銭です。 六文銭とは当時、地獄に行った時に支払うべきお金だといわれていました。 三途の川を渡る時に支払うお金が六銭だったらしいですね。 ここに真田家の心意気が見えます。 武田信玄と上杉謙信の意匠 家紋や旗というのは当時はとても重要な意味合いがありました。 例えば、武田信玄の旗は有名な「風林火山...
1378 views

相談役の川﨑鳳嶽先生が逝去されました

相談役の川﨑鳳嶽先生が逝去されました
株式会社地域活性局は多くの顧問・相談役に支えられて事業を行っています。 その中でも設立当初から主に奈良の社寺関係とのパイプ役を担ってくださっていた川崎鳳嶽先生が逝去されました。 享年79歳でした。肺ガンでした。 先生は大和郡山市生まれ。川﨑家は江戸期は法華寺の棟梁大工の家だったそうです。 家の建具作りの仕事を手伝う傍ら...
2503 views

松本城の築城者石川数正は松本城築城に全霊をかけた

松本城の築城者石川数正は松本城築城に全霊をかけた
徳川家の重臣に石川数正という人物がいます。 彼は波乱万丈の人生の中で一つのお城を残しました。 信州松本城の築城者はこの石川数正です。 松本城の歴史を作った築城者石川数正について紹介します。 石川数正の履歴 彼は1533年生まれのため、1543年生まれの家康よりも10歳年上です。 上田合戦は1583年なので、家康40歳、...
3114 views

真田丸13話決戦の感想3 局地戦に快勝した真田昌幸

真田丸13話決戦の感想3 局地戦に快勝した真田昌幸
真田の上田城に迫る徳川勢。 逸っている兵隊に合わせるように真田はこまめに戦って退却していきます。 徳川勢の前線の侍たちは逃げる兵隊を見て勢いを増します。 相手が弱いと錯覚するんですね。 これも昌幸の作戦です。 そして上田城二の丸まで攻め込みます。 ここで真田の約1500名が出迎えるんですね。 徳川勢の先頭は300もいな...
985 views

真田丸13話決戦の感想その2 真田昌幸の策略

真田丸13話決戦の感想その2 真田昌幸の策略
さて、真田勢は能の高砂を謡うことで徳川方を挑発しました。 この段階で現代人からみて不思議なのは真田も徳川も高砂がわかっていたことですね。     真田の城下町上田城に潜む罠 上田城に攻め込む徳川勢は真田の城下町での作戦に翻弄されます。   本来、軍隊とは大勝を中心にまとまって動くものです。...
861 views

真田丸13話決戦の感想1 真田と徳川の事情について

真田丸13話決戦の感想1 真田と徳川の事情について
徳川は北条との講和において甲信は徳川・関東は北条という取り決めをしました。 真田は徳川に臣従したため、徳川は真田に真田領の群馬沼田の北条への引き渡しを迫りました。 それに対して、真田昌幸は沼田はもともと真田が独力で手に入れた場所で、差し上げるべきものではないと拒否しました。 徳川は実力で割譲を迫るべく、真田の上田城に押...
2369 views

北条氏政の墓や子孫・評価や逸話について

北条氏政の墓や子孫・評価や逸話について
戦国初期、関東には北条氏が興ります。 北条早雲・氏綱・氏康と有能な当主が家運を盛り上げました。 北条氏政。彼は氏康の息子です。次男でしたが、長男が16歳にして死したため、嫡男となります。 嫡男とは後を継ぐ正統な後継者という意味です。 北条早雲の墓や子孫・評価や逸話について紹介します。   北条氏政の評価・・・...
1553 views